嫌疑恐怖
(疑われる不安)


(嫌疑恐怖克服のための具体的な説明)

嫌疑恐怖は嫌疑恐怖症とも呼ばれますが、例えば、会社でお金がなくなった時に自分が犯人だと疑われるのではないかと不安になってしまう症状だと言えます。

また、スーパーで買い物をしている時に自分が万引きをしていると疑われるのではないかと気になってしまうとか、満員電車に乗っている時に側にいる若い女性に痴漢だと疑われたらどうしようと感じ、不安になってしまうという場合も含まれます。

最近はニュースで冤罪のことも取り上げられることが多くなったために、この嫌疑恐怖に悩む人も増えているのではないかと感じます。

なお、自分が人の物を盗んだと疑われるのではないかと感じ、人間関係を悪くしている人も案外、多いものなのです。

こういう意味で、この嫌疑恐怖は他人から変に思われているのではないかとか、疑われるのではないかと、人の思惑を気にするという点で対人恐怖症の中に入る症状だと言って良いと思います。




関連する他の症状
強迫神経症 社会不安障害 劣等感 赤面症
視線恐怖症 書痙 手掌多汗症 対人恐怖症
適応症状一覧へ