正視恐怖症
(人の目や顔を見て話せない)


(症状克服のための具体的な説明)

正視恐怖症は視線恐怖症の一種だと言えます。

また、正視恐怖と呼ばれることも多い症状です。

視線恐怖症の場合は人から見られているのではないかと人の視線が気になる悩みなのですが、正視恐怖症の場合は人の視線が気になるということではなく、自分自身の視線によって人から変に思われるのではないかと気になり悩んでしまうものなのです。

面と向かって話している時に自分の視線が相手から変に思われるのではないかと感じ、目のやり場に困ってしまう、相手の人の目を見ることが出来ない、相手の顔を見て話せないというような形で現れます。

また、会社などで向かい合って机が並んでいるような状態の時に、正面にいる人の顔や目が見られないとか、自分の目線のために正面の人から変に思われたり嫌われていると感じてしまうこともあります。

また、若い女性の場合はデートをしている時に緊張や恥ずかしさから相手の男性の顔を見て話すことことが出来ず、視線を外したり、そらしてしまうというパターンになることも多いものです。

このように緊張や恥ずかしさから人の目を見ることが出来なくなっているのが正視恐怖症の特長だと言って良いと思います。

ただ、この正視恐怖症も、基本的には自分が人から変に思われるのではないかという不安がベースになっていますので、対人恐怖症の症状の一つになるものなのです。


適応症状一覧へ