吃音症
(どもり恐怖症)


(吃音症の原因と克服のための具体的な説明)

会話の途中で言葉がどもるとか、電話に出る時に最初の言葉が出にくいといった形で現れることが多いのが吃音症と言われている症状になります。

なお、吃音症は、どもり恐怖症や吃音恐怖と呼ばれることもあります。

最近は言葉を「噛む」という言い方をすることも多いですが、このことで本人が悩んでいるということになれば、これも吃音症の一種になると思います。

ただ、この吃音症は純粋な吃音(どもり)とは全く異なるものなのです。

純粋な吃音の場合は言語障害の一種と考えることが出来、遺伝やストレス、脳内調節系の異常が原因になっていると言われています。

しかし、神経症から来る吃音症は体や心の異常から来るものではなく、言葉が詰まってしまうとか、思うように発音できないことで人から変に思われるという不安に対する「とらわれ」が原因になっているものなのです。

人と話している時に、どもってしまうのではないか、言葉が出なくなってしまうのではないかと、この予期不安が強くなっている状態だと言えるのです。

つまり、神経症が原因になっている吃音症も、人の目や思惑を気にするという点で赤面症多汗症などと同様に対人恐怖症の症状の一つに入るものなのです。



(吃音症克服の一口ヒント)

吃音症に悩んでいる時は、どもって当然の時でも、これを異常なこととか、恥ずかしいことと考え、排除しようとしていることが多いものです。

そして、このために、逆にますます、どもりやすくなってしまうという「悪循環」に陥っているものなのです。

ですから、まず、時には、どもることもあって当然なんだと受け止めるようにしていくのが第一歩になると思います。

そして、この上で目的本位や「あるがまま」など森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、どもることに対する「とらわれ」が薄れ、この結果として吃音症の症状が改善して来るものなのです。

適応症状一覧へ