おなら恐怖症


(症状の原因と克服のための具体的な説明)

おなら恐怖症は、ガス恐怖や放屁症とも呼ばれますが、人の中にいる時に自分が、おならや屁を異常にしてしまい、人に迷惑をかけているのではないかと不安や恐怖心を感じ悩んでしまう症状です。

家に一人でいる時には特に気にならないけれども、人中に出ると、お腹にガスが溜まってしまい、おならや屁をしたくなってしまうという状態が多いように感じます。

つまり、人中で、おならや屁がよく出る、多い、止まらないということで悩む症状だと考えて良いと思います。

また、おなら恐怖症の場合は、おならや屁の音というよりも臭いによって周りの人から迷惑がられると感じる場合が多いように思います。

こういう意味で、おなら恐怖症は自己臭恐怖の要素も含んでいると考えて良いと思います。

また、おなら恐怖症に近いものとして口臭恐怖と言われるものがあります。

口臭恐怖の場合も、おなら恐怖症の場合と同じように自分の口の臭いが人に分かり嫌な思いをさせていると感じてしまうものです。

また、ワキの臭いが人に迷惑をかけていると感じる「ワキガ」と言われる症状に悩む人も多いものです。

これらに共通するのは、自分の出す臭い(おなら恐怖症の場合は音も入りますが)が、人から変に思われるのではないかと気になるという意味で、対人恐怖症に含まれる症状だと考えて良いと思います。



(おなら恐怖症克服の一口ヒント)

おなら恐怖症の症状に悩んでいる時は、お腹にガスが溜まったり、おならや屁がしたくなって当然の時でも、これを異常なものとか恥ずかしいことと考え排除しようとしていることが多いものです。

しかし、このために、ますます、お腹にガスが溜まっている感じや、おならや屁をしてしまったらどうしようという不安や恐怖心を強くし「悪循環」に陥っているものなのです。

ですから、まず、お腹にガスが溜まったり、おならや屁がしたくなる時もあって当然なんだと受け止めるようにしていくのが第一歩になると思います。

そして、この上で、目的本位や「あるがまま」など森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、少しずつ不安や恐怖心が薄れ、おなら恐怖症の症状が和らいでくるものなのです。

適応症状一覧へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ