心臓神経症
(胸や心臓の痛み)


(心臓神経症克服のための具体的な説明)

心臓神経症は胸や心臓の痛み、動悸などが起こるのが特徴であり、不安神経症(パニック障害)の代表的な症状になります。

電車や飛行機に乗っている時などに、突然、心臓が痛くなり、このまま死んでしまうのではないかという不安や死の恐怖(不安発作)を感じることが多いものです。

また、夜寝ている時に胸や心臓の痛み、息苦しさが起こりパニックになってしまい、救急車を呼んでしまうという形になることも多いものです。

しかし、病院で検査をしても特に異常が見られないということで精神安定剤を処方されて終わってしまうということが多いようです。

なお、パニック障害でよく言われる「パニック発作」も、この心臓神経症から来る症状だと考えて良いと思います。

また、心臓神経症の場合は対人恐怖症などの場合とは違い、直接的な「死の恐怖」から起こる症状だと言って良いと思います。


(心臓神経症克服の一口ヒント)

胸や心臓の痛み、動悸といった、心臓神経症の特徴的な症状が起こった時に「これは、大変だ」とか、「このまま死んでしまったら、どうしよう」と考えてしまうと、さらに不安を大きくし症状を強くしてしまうものなのです。

しかし、いまだかつて、胸や心臓の痛み、動悸といった心臓神経症の症状のために、命を失ったり、体に障害を残すようなことになった人は一人もおりませんので、この事実をきちんと自覚していくことが大切だと思います。

そして、心臓神経症の症状が起こった時に「また来たな」と自分の「クセ」のように受け止めていくと良いのだと思います。

つまり、今は神経症に悩んでいる最中だから、胸や心臓の痛みが起こって当然なんだと受け止めていくと、不安を必要以上に大きくせずに済むものなのです。

そして、この上で、目的本位や「あるがまま」など森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、不安を必要以上に大きくしなくて済み、少しずつ症状が改善してくるものなのです。

つまり、薬を飲まなくても充分、治していける症状だと言えるのです。



克服可能な代表的症状
対人恐怖症 あがり症 不安神経症 パニック障害 自律神経失調症
うつ病状態 多汗症 強迫神経症 赤面症 過呼吸症候群
適応症状一覧へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ