慢性疲労性症候群
(擬態うつ病の症状)


(症状克服のための具体的な説明)

慢性疲労性症候群は、CFSとか、慢性疲労症候群とも呼ばれますが、文字通り、慢性的な疲労感や倦怠感、やる気のなさといった形で現れてくる症状になります。

今は、うつ病ブームですので、うつ病の一つの症状(擬態うつ病)として扱われることも多いのですが、ほとんどの場合は、この慢性疲労性症候群(うつ状態などの普通神経症の症状の一つになります)から来ているものだと考えて良いと思います。

また、栄養ドリンクやサプリメントをよく飲む人の中にも、この慢性疲労性症候群の人が多いのではないかと思います。




(症状克服の一口ヒント)

慢性疲労性症候群の場合、具体的な体の異常が現れるために、うつ病(擬態うつ病)と間違われやすく、抗うつ剤を飲んだり、内科などの病院の治療(薬物療法)に任せていることが多いものです。

しかし、この症状は神経症から来ているものですから、薬を飲んだり治療のために病院へ行ったりしない方が、むしろ良いと言えるのです。

つまり、これらの行動は、森田療法では気分本位の行動になってしまい、慢性疲労性症候群の症状を逆に強くしてしまうことになるのです。

また、疲労感や、やる気のなさといった体調の悪さを人に訴えないようにしていくことも大切になります。

そして、この上で、目的本位や「あるがまま」など、森田療法の考えに従って行動していくと、少しずつ症状が和らいでくるものなのです。

適応症状一覧へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ





MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com