緊張症(アガリ)


(緊張症克服のための具体的な説明)


緊張症は、人前で話す時のアガリや緊張、顔が赤くなってしまう、汗が沢山出てしまう、手が震える、人の視線が気になってしまうという形で現れてきますが、強迫神経症の中でも特に日本人に多く見られるものです。

また、緊張症は、あがり症(アガリ症)や、対人恐怖症、対人恐怖、社会恐怖、社会不安障害と同じことになります。

緊張症の、いずれの症状も、人前での手の震えやアガリなどのために、人から変に思われるのではないかという不安が根底にあると言えます。

人見知りをするとか、人前でアガリ、手の震えが起こるということは、誰にでも多かれ少なかれあるものですが、これが過度に強くなり、「とらわれ」や身体的症状として慢性的に起こるようになったのが、緊張症だと言っても良いのではないでしょうか。

特に、日本のような集団行動を重視する社会においては、人間関係が崩れることは、社会的な死を意味するため、この社会的な死の恐怖から、緊張症の症状が起こってくると考えても良いのではないかと思います。

また、緊張症の症状に悩んでいる人は、かつての私もそうでしたが、何とかして人前でのアガリや緊張を改善しようと考え、交際術に関する本を読んだり、カウンセリングを初めとした心理学関係の本を読んだりするものです。

また、緊張症の症状改善のために、民間療法を試みたり、宗教的な修行に救いを求めたりすることも多いように思います。

しかし、こういう行動を取れば取るほど、緊張症の症状は、回復するどころか、逆に強くなってしまうものなのです。

しかし、森田療法の学習をしていく中で、人前でのアガリや緊張に対する受け止め方が変化し、精神的な要因である「とらわれ」がなくなってくると、この結果として、緊張症の症状は改善してくるものなのです。

なお、最近、社会不安障害などと言われているものも、実質的には、緊張症のことであり、特に目新しい病気ではありません。

仕切線
適応症状(補足分)へ
仕切線


MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com