対人恐怖
(人間関係の悩み)


(症状と原因、克服のための具体的な説明)

1.症状について

あまり親しくない人に対して過度に人見知りをするとか、無口で話がうまく出来ないことに劣等感を感じてしまうとか、大勢の人前で緊張し思うように話が出来なくなってしまうとか、異性の前などで顔が赤くなってしまうとか、ママ友との付き合いが上手くいかないとか、アルバイト先で人の視線が気になってしまうといったことで悩んでいる人も多いことと思います。

これらの悩みは対人恐怖と言われている症状に含まれる場合が多いものなのです。

対人恐怖は人間関係の悩みの代表的な症状であり神経症の中でも特に日本において多く見られるものだと言われています。

日本のような集団行動を重視する社会においては、アメリカなどの個人主義の国に比べ、人間関係が崩れることは、社会的な死(昔の言葉で言えば「村八分」ということになると思います)を意味するため、大きな悩みや恐怖となりやすく、この、いわば「社会的な死の恐怖」から対人恐怖の症状が起こりやすくなっているのではないかと思います。

なお、対人恐怖は、対人恐怖症や、あがり症、社会恐怖、社会不安障害、コミュ障、社交不安症と呼ばれている症状と実質的には同じことになりますが、このホームページでは分けて説明させていただいております。

また、最近、発達障害の一種であるアスペルガー症候群の症状が対人恐怖の症状と似ているために誤解している人が増えているように感じますので注意が必要だと思います。

インターネット上の色々なサイトの情報から、本当は典型的な対人恐怖にも関わらず、自分がアスペルガー症候群ではないかと自分勝手に診断してしまい、病院に行き、薬による治療を受けている人も多いように思います。

しかし、自分がアスペルガー症候群ではないかと悩むような人の場合は、アスペルガー症候群ではなく対人恐怖の場合がほとんどではないかと思います。

これは自分がうつ病ではないかと悩むような人の場合、本当のうつ病ではなく抑うつ神経症の場合が多いのと同じことだと思います。

なお、対人恐怖のいずれの症状も、自分が人から変に思われるのではないかという不安、つまり対人不安が根底にあると言って良いと思います。

そして、この対人不安から人間関係にストレスを感じやすくなり、対人恐怖の症状に発展するのではないかと思います。

また、対人恐怖の悩みを持っている人は、かつての私もそうでしたが、何とかして症状を克服しようと考え、人間関係改善や人見知り治療のために会話術や交際術に関する本を読んだりするものだと思います。

また、医学的な治療法や解決法を調べたり、カウンセリングを初めとした心理学関係の本を読んだりすることも多いと思います。

また、漢方薬や民間療法、祈祷などの宗教的なものに救いを求めたりすることも多いように思います。

しかし、こういう症状だけに目を向け、これを治そうとする方向の行動を取れば取るほど、対人恐怖の症状は回復するどころか、逆に、かえって強くなってしまうことが多いものなのです。

ただ、対人恐怖に悩むような人の場合は心配性で慎重な人が多いために、治療のために病院で出された薬を安心しきって飲んだりすることが少なく、抗不安薬や睡眠剤などの薬物依存という問題は起こりにくいように思います。

なお、下記の症状が、対人恐怖に含まれるものですので、ご自分の症状と照らし合わせてチェックしてみるのも良いと思います。


(対人恐怖の主な症状)

1.劣等感
無口で話がうまく出来ないといったことで悩んでいる。

2.赤面症、赤面恐怖症
異性など苦手な人の前などで顔や耳が赤くなってしまう。

3.予期恐怖
オフ会などの飲み会で、また自分だけ浮いてしまったらどうしようと感じ憂鬱になる。

4.対人不安
トラウマから、また人と嫌な状態になったらと不安になる。

5.対人緊張
アルバイト先などで緊張し、ぎこちなくなってしまう。

6.書痙
仕事や結婚式などで人前で字を書く時に手が震えてしまう。

7.震え恐怖
仕事先の朝礼などで話す時に手や足が震えてしまう。

8.笑顔恐怖症
ママ友の前などで笑う時に顔が引きつってしまう。

9.表情恐怖、醜形恐怖症
過去のトラウマから自分の容姿が醜いように感じてしまう。

10.多汗症、発汗恐怖症
仕事で人と接する時に異常に汗をかいてしまう。

11.正視恐怖
バイト先の人と話す時などに目のやり場に困ってしまう。

12.視線恐怖症
会社で仕事をしている時などに人目が気になってしまう。

13.吃音恐怖
仕事中の電話などで、言葉が詰まってしまう。

14.雑談恐怖
ママ友などとの会話がうまく出来ない。

15.おなら恐怖症、ガスおなら恐怖症
仕事中に無意識におならをしてしまい周りの人に嫌がられる。

16.唾恐怖
バイトや仕事の最中に唾を飲み込む音が周りの人に分かり変に思われる。

17.電話恐怖症
周りの人の目が気になり仕事の電話が思うように出来ない。

18.接待恐怖症、接待恐怖
仕事でお茶を出す時などに緊張してしまう。

19.スピーチ恐怖症
仕事で大勢の人前で話さなければならない時に憂鬱になってしまう。

20.自己臭恐怖、体臭恐怖症
脇汗などの臭いのために周りの人に嫌がられる。

21.人間恐怖
特に何もないのに他人が恐く感じてしまう。

22.人見知り
苦手なタイプの人に対して緊張し話せなくなってしまう。

23.口臭恐怖症
自分の口臭のために、周りの人に嫌がられているように感じる。



2.症状の原因

対人恐怖は、さっきも書きましたが、自分が人から変に思われてるのではないかとか、変に思われたらどうしようといった不安、つまり対人不安が根底にあるものなのです。

そして、こういう対人不安にとらわれるようになってしまうのは、人前で恥ずかしい思いをした経験などの「外的要因」と、神経質性格や感情、症状に対する誤った認識という「内的要因」が重なったためだと言って良いと思います。

そして、不安や症状だけに目を向け、これを無くそうとして気分本位の誤った方向の行動を繰り返してしまうために、ますます対人恐怖の症状を強くしてしまうということなのです。

ですから、「外的要因」、「内的要因」、「気分本位の誤った方向の行動の繰り返し」が対人恐怖の原因だと言って良いと思います。


3.治療と克服のためのヒント

対人恐怖に悩んでいる時は、人前で緊張したり不安になったり、症状を感じて当然の時でも、これを異常なものとか、恥ずかしいことと考え、排除しようとしているものなのです。

しかし、これが、さっきも書きましたが、症状を強くしてしまう、気分本位の誤った方向の行動ということになるのです。

そして、こういう行動を取ることで、ますます、人間関係に伴う緊張や不安、対人恐怖の症状を強くしてしまうという「悪循環」に陥っているものなのです。

ですから、まず、人間関係に伴う緊張や不安、症状を今は感じて当然であり、仕方のないことなんだと受け止めていくのが、治療や克服の第一歩になると思います。

つまり、こう受け止めるようにすると、緊張や不安、症状を「あるがまま」に受け入れやすくなるものなのです。

そして、この上で、目の前の「なすべきこと」を1つ1つ、きちんとこなすようにしていくことが大切なのです。

つまり、これが森田療法で言っている目的本位の行動ということになるのです。

そして、このように目的本位や「あるがまま」など森田療法の考え方を参考にして自分の行動をチェックしながら行動するようにしていくと、人間関係に伴う緊張や不安、対人恐怖の症状を必要以上に大きくしなくて済み、少しずつ良い方向に向いてくるものなのです。

そして、この積み重ねの結果として症状を克服していけるのです。

ですから、ここに対人恐怖の治療と克服のためのヒントがあると言って良いと思います。




もしこのページの内容が参考になりましたら、下のボタンから共有をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

適応症状一覧へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ