口臭恐怖症
(自臭症、ニオイの悩み)


(口臭恐怖症克服のための具体的な説明)

口臭恐怖症は、自臭症や口臭恐怖とも呼ばれますが、人中にいる時に自分の口のニオイのために人に迷惑をかけているのではないかと悩み、恐怖心を感じる症状です。

家にいる時には特に気にならないけれども人中に出ると口のニオイが気になり悩みを感じるというパターンになっていることが多いものなのです。

なお、口臭恐怖症(自臭症)はオナラ恐怖症(オナラ恐怖)と同様に体臭恐怖症(体臭恐怖)の症状に含まれる悩みだと言って良いと思います。

そして、自分の口のニオイ(口臭)が人から変に思われるのではないかと悩むという意味で、対人恐怖(対人恐怖症)の症状に入るものになります。

つまり、口臭恐怖症(自臭症)も根本的には神経症から来ることなのです。

ですから、歯や口の中の異常から来る病気とは、全く異なる悩みだと言って良いと思います。

このため、森田療法の学習をしていく中で口臭に対する「とらわれ」が薄れてくれば、これで充分、口臭恐怖症(自臭症)の症状(悩み)は改善してくるものなのです。

ただし、中年以降になると歯周病から起こる口臭が多くなりますので、口臭恐怖症(自臭症)は30歳代くらいまでの若い人の場合に当てはまることが多いと思います。

つまり、40歳代以降で口のニオイに悩みを感じている場合は、歯周病など歯や口の中の異常から来る病気の可能性が高くなってくると言って良いと思います。


仕切線
適応症状(補足分)へ
仕切線


MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com