スピーチ恐怖症
(声の震え)


(症状克服のための具体的な説明)

スピーチ恐怖症はスピーチ恐怖とも呼ばれますが、会社の朝礼や会議などで、スピーチをする時、緊張し、声の震えが起こったり、手が震えたりしてしまうという形で現れます。

手の震えや、声の震えが起こるため、震え恐怖症や、吃音恐怖と重なる部分の多い症状だと思います。

なお、このスピーチ恐怖症も、人から変に思われたらどうしようという不安が背景にありますので、接待恐怖症と共に、対人恐怖症(対人恐怖)の症状に含まれると考えて良いと思います。


仕切線
適応症状(補足分)へ
仕切線


MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com