先端恐怖症


(症状のチェックと克服のための具体的な説明)

先端恐怖症は尖鋭恐怖や尖端恐怖症とも言われますが、強迫神経症の一種になります。

具体的には、針やナイフ、鉛筆、ペンなど、先のとがったものを見ると、自分が傷付くように感じたり、人を傷つけてしまうのではないかと感じたりして、それに触れたり、近づくことが出来なくなって悩む症状です。

ですから、こういう症状があるかどうかで先端恐怖症かどうかのチェックが出来ると思います。

また、先端恐怖症の中には、傷付いたり、傷つけてしまうのではないかという意識にまで行かず、体中がムズムズして落ち着かなくなったり、ドキドキや、イライラだけが起こってくるという症状が出る場合もあります。

なお、先端恐怖症の中で、尖った物で、人を傷つけてしまうのではないかという不安が強い場合は、加害恐怖(罪悪恐怖、不正恐怖)の症状に近くなると思います。

ただ、いずれの場合であっても森田療法の学習をしていく中で症状に対する「とらわれ」が薄れてくれば、この結果として、充分、克服していけるものなのです。


仕切線
適応症状(補足分)へ
仕切線


MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com