精神性発汗
(大汗をかく悩み)


(精神性発汗の具体的な説明)

精神性発汗は大汗かきとか、精神発汗症や発汗症とも呼ばれますが、人と接している時に緊張し顔などから大汗をかいてしまうという症状で悩んでいる状態を言います。

なお、精神性発汗は多汗症発汗恐怖症緊張型多汗症の別名だと言っても良いと思います。

大汗が出る場所は顔や頭、手のひら、脇の下、背中と、いろいろですが、この精神性発汗に悩む人も多いものなのです。

営業で人と接する機会の多い人の中には顔や頭からの大汗のためにお客様の印象が悪くなると感じ、悩んでいる人も多いものです。

汗をかくかどうかは、本来、体質的に個人差があるものなのですが、精神性発汗で悩んでいる人は、自分が大汗かきであり、他の人よりも異常に汗をかいていると感じ悩んでいるものなのです。

ただ、この精神性発汗は汗腺など身体の異常から来るものではなく、対人恐怖など神経症が原因になっているのです。

ですから森田療法の学習によって大汗かきに対する「とらわれ」が薄れてくれば、薬や手術などに頼らなくても、精神性発汗の症状は充分改善してくるものなのです。


適応症状(補足分)へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ