腹鳴恐怖症
(お腹が鳴る原因)


(腹鳴恐怖症克服のための具体的な説明)

腹鳴恐怖症は腹鳴恐怖や、胃腸神経症と呼ばれることもありますが、特に病気ではないのに、原因不明のお腹の違和感に悩む、普通神経症の代表的な症状になります。

腹鳴恐怖症は、お腹が空いていないのに、お腹がグウグウ鳴る、ガスが溜まる、といった形で現れることが多いものです。

そして、このために、また、お腹が鳴ったらどうしようと不安や恐怖を感じていることも多いものなのです。

教室で授業中に、お腹が鳴ることで周りの同級生から変に思われていると感じ、悩んでいることも多いものです。

また、この症状は自分の意志とは無関係にお腹が鳴ってしまうために、お腹に食べ物を入れれば治るのではないかと感じ、必要以上に色々な物を食べてしまう人もいます。

なお、最近では、過敏性腸症候群という名前をよく聞きますが、この多くは、腹鳴恐怖症の症状と共通していると考えて良いと思います。


適応症状(補足分)へ



MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com