閉所恐怖症
(電車や狭い場所で息苦しくなる)


(症状克服のための具体的な説明)

閉所恐怖症は閉所恐怖とも呼ばれますが、エレベーター、飛行機、バス、電車といった狭い場所、いわゆる密閉空間(閉所)にいると息苦しさや動悸を感じ不安になってしまう症状です。

閉所恐怖症の症状が起こる状況は、今、上にも書きましたが密閉空間以外にも、病院のMRI検査装置とか、ブティックの試着室、スキー場のゴンドラといった場合もあります。

なお、バスや電車などの乗物の場合は、閉所恐怖症の症状が乗物恐怖症と重なっていることが多いと思います。

また、飛行機の中で息苦しさなどの症状を感じる場合は、飛行機恐怖症と言われることもありますが、閉所恐怖症に乗物恐怖症と高所恐怖症が重なっていると考えることが出来ると思います。

いずれにしても、この閉所恐怖症も不安神経症パニック障害)の症状に入るものであり、神経症が原因になっていると言えます。

ですから、MTカウンセリングを通して森田療法の考えを身につけていく中で、充分、閉所恐怖症の症状は治ってくるものなのです。


適応症状(補足分)へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ