(原因と症状克服のための具体的な説明)

  • (要約)

    人見知りは知らない人や苦手な人に対して緊張し、思うように話せなくなってしまうという症状ですが、このために日常生活に支障が出ている人も多いと思います。

    しかし、人見知りは対人恐怖症の症状の1つになりますので、MTカウンセリングを通して森田療法の学習をしていく中で、人から変に思われたらどうしようという不安に対する「とらわれ」が薄れてくると、この結果として、治ってくるものなのです。

    ですから、今、人見知りに悩み、辛い思いをしている人は無料診断のページから悩みのことなどを書いて送って下さい。

    こうして頂ければ、あなたの悩みがMTカウンセリングで対応できるかどうかを判断させて頂きます。

  • 1.はじめに

    もしかしたら、今、あなたは人見知りで、人付き合いが苦手なことで悩んでいないでしょうか?

    このページでは、こういう、今、この時点で人見知りの悩みを抱いている人のために参考にして頂ければと思い、解説をしております。

    会社や学校など、人間として生活していく中で人間関係は切っても切れないものだと思います。

    しかし、内気で口下手なために、こういう人間関係に支障を感じている人も多いと思います。

    このページでは、こういういわばアウトサイダー的な人のために、少しでも勇気を持ってもらえればという意味も込めて書いております。

    なお、人見知りを対人恐怖症や社交不安障害の軽いものだと解説しているサイトや本などもあるように思います。

    つまり、人見知りが強くなると対人恐怖症や社交不安障害になるという考えです。

    しかし、このページでは、人見知りを対人恐怖症や社会不安障害に悩んでいる時の特徴の1つだと考え、解説しております。

    これは、劣等感の強さや自信のなさと同様に、人見知りの状態を強くしてるのが対人恐怖症や社会不安障害に悩んでいる時の特徴だと言えるからなのです。

  • 2.人見知りとは

    一般的には赤ちゃんとか3歳くらいまでの子供の頃に良く見られる状態だと言われています。

    しかし、これが大人になっても治らず、ますます強くなり、常に人が気になる状態になってしまい悩んでいる人も多いものなのです。

    こういう極度の人見知りは最近では場面緘黙症と言われることも増えているように思います。

    このような神経症レベルの極度の人見知りの場合は、苦手な人の前などで緊張し思うように話せなくなってしまうという形で現れてくるのが特徴ですが、これは対人恐怖症や社交不安障害の1つの症状になり強迫神経症に含まれる場合が多いと思います。

    つまり、対人恐怖症や社交不安障害に悩んでいる時に共通して見られる特徴の1つが極度の人見知りだと言っても良いと思います。

    ただ中には、トラウマや発達障害など、神経症以外の原因から起こる場合もあると思います。

    そして、この場合は対応の仕方も神経症の場合とは異なってきます。

    いずれにしても、このページでは大人の場合の人見知りについて解説しております。

  • 3.具体的な症状

    大人の場合の人見知りには、具体的にどういう症状が起こるかをまとめてみると下記のようになります。

    これらの項目のいくつかに思い当たる点があれば、今のあなたも、大人の人見知りの状態になっている可能性が高いと判断して良いと思います。

    1)内気で人に思ったことをそのまま言う事が出来ない。
    2)照れくさくて、人に気軽に声をかけることが出来ない。
    3)極度の恥ずかしがり屋で異性と付き合ったことがない。
    4)会社でコミュニケーションがうまく取れない。
    5)人付き合いが苦手で友達がほとんどいない。
    6)人前で話すのが苦手で悩んでいる。
    7)プライドが傷付けられるのではないかと不安で人を避けてしまう。
    8)初めての人と会うような時に憂鬱になってしまう。
    9)人間不信があり人と接するのが怖い。
    10)馬鹿にされたらどうしようと不安で人と付き合えない。
    11)人前だと言葉が浮んでこなくなってしまう。
    12)親戚付き合いが上手く出来ない。
    13)3人以上で話すような時に無口になってしまう。
    14)劣等感を感じないような相手だと自然に話せる。
    15)面と向かって会話するのが苦手。
    16)偉い人と話す時にあがってしまう。
    17)人からどう思われているかが気になってしまう。
    18)人を誘うのが苦手。

  • 4.人見知りに伴い起こりやすい神経症の主な症状

    下記のような症状が人見知りに悩んでいる時に起こりやすいものです。

    1)雑談恐怖
    会社や学校の休憩時間など、仕事や勉強以外の話をするような状況に置かれると、急に無口になり、話が出来なくなってしまうというのが、この症状になります。
    また、人見知りに悩んでいる時は、上司や同僚、クラスメートなどで苦手な人や好感を抱いている異性がいると、余計に無口になり話が出来なくなってしまうものなのです。

    2)場面緘黙症
    これは、ある特定の場面でだけ全く話せなくなってしまうという症状ですが、人見知りしやすい人に起こりやすいものです。
    家庭内では普通に話すことが出来ますから、発達障害とか統合失調症などの器質的な異常とは異なると考えて良いと思います。
    つまり、雑談恐怖などに近い症状になると思います。

    3)赤面症
    これは対人恐怖症や社交不安障害の場合の代表的な症状であり、人前で顔が赤くなってしまうことで悩む症状になります。
    そして、これは人見知りに悩んでいる時に同時に起こることの多い症状だと言って良いのではないかと思います。
    小学校の高学年から中学校に入る思春期の頃に、人見知りの症状と共に、この症状に悩むようになることが多いように思います。

    4)劣等感
    これは対人恐怖症を初めとした神経症に悩んでいる時に共通して見られる症状になります。
    人見知りや、あがり症に悩んでいる時は自分が口下手で無口なことに対して劣等感を強くしていることが多いものなのです。
    このために周りの人から良い意味で「大人しいですね」と言われたりしても、これを自分を低く見る意味に受け止めてしまい、ますます劣等感を強くするというパターンになっていることが多いものなのです。

    5)視線恐怖症
    人見知りに悩んでいる時は他人の目に、より敏感になっているものなのです。
    そして、このように敏感になり、注意が向いてしまうと、ますます人の視線が気になるようになってしまうものなのです。
    そして、この結果、視線恐怖症の症状も起こりやすくなると言えるのです。
    つまり、視線恐怖症の症状が出てくると、ますます人目が気になるようになり、これに比例して、人見知りの傾向も強くなってしまうものなのです。
    ですから、お互いにマイナスの影響を及ぼしあってしまうことになると言って良いと思います。

    6)多汗症
    この症状は人前で異常に汗が出てしまうという悩みですが、これも人見知りの症状と大きく関係していると言って良いと思います。
    つまり、劣等感を刺激されるような苦手なタイプの人と話すような時に緊張し汗が出てしまうといったように、人見知りをするような相手の場合に、この症状が起こりやすいと言えるのです。
    また、苦手なタイプとは逆に、好きなタイプの相手に対しても、かえって人見知りしてしまい、汗が出やすくなるという傾向もあると思います。
    これは、こういう相手に対しては、かえって変に思われたくないという気持ちが強くなるからなのだと思います。

    7)正視恐怖
    相手の目を見て話す事が出来ないというのが、この症状の特徴ですが、これも人見知りと大いに関係していると思います。
    つまり、この場合も多汗症の場合と同様に、苦手なタイプの人や好きなタイプの人の場合に意識してしまい、目を合わせられなくなるということが多いと思います。
    つまり、全ての人が対象ということではなく、人見知りするような相手に対して正視恐怖の症状も出やすいと言えるのです。

    8)対人不安
    人と会う前に、また赤面したりして無様な姿をさらすことになったらどうしようと不安になってしまうのが、この症状になります。
    そして、この場合も人見知りするような相手に対して、より不安になりやすい傾向があるものなのです。
    つまり、気の合うような相手と会うような場合は、対人不安を感じることが少ないのですが、苦手な人とか偉い人と会うような場合に人見知りが影響して、より対人不安を感じやすくなるものなのです。

    9)震え恐怖
    人と話している時に頭が震えたり、手や足が震えてしまうと悩む人も多いものです。
    そして、この症状の場合も人見知りに悩んでいる時に、より強く起こりやすい傾向があると思います。
    親しい相手に対しては緊張や不安を感じにくく、この震え恐怖の症状も出にくいと言えるのです。
    これに対して、劣等感を感じるような相手に対しては人見知りの症状も起こりやすく、この結果、震えの症状も出てきやすいのだと思います。

    10)対人緊張
    会社や学校など顔見知り程度の人たちと一緒に過ごすような状況では、誰でも、ある程度の緊張は感じているものだと思います。
    つまり、家族や親しい友達と過ごすような訳にはいかないものだと思います。
    しかし、「かくあるべし」の考えにとらわれやすい神経質性格の人間の場合、こういう感じて当然の緊張でも、これを異常なことだと考え、邪魔者扱いし、排除しようとしてしまうものなのです。
    そして、このために、必要以上に緊張を感じやすくなってしまうものなのです。
    特に人見知りしやすい状態になっている時は、この対人緊張の症状も、より感じやすくなるものなのです。

    11)口下手
    これは人とうまく会話をすることが出来ないと悩んでいる症状になります。
    つまり、最初は何とか話せても、会話が続かなくなってしまうことで、自分の話し方に問題があると感じているものなのです。
    小さい頃に人から無口だとか、心ない言葉をかけられ、これがトラウマになって口下手の症状に悩んでいる人も多いと思います。
    特に感受性の敏感な神経質性格の人の場合に、こういうことになりやすいと思います。
    そして、この症状も人見知りとセットで起こってくる症状の1つだと言って良いのではないかと思います。

    12)笑顔恐怖症
    これは人前で顔が引きつってしまい、自然に笑えないと悩む症状になります。
    つまり、自分の笑顔が不自然なために周りの人から変に思われると感じてしまう症状になります。
    ですから、一見すると人見知りの症状とは関係ないように見えると思います。
    しかし、注意の方向が常に自分の方に向いているという点で、人見知りと共通する症状だと言えるのではないかと思います。

    13)自己表情恐怖
    この症状は顔の引きつりや、こわばりなどのために周りの人から変に思われると感じ、悩む症状になります。
    また、自分の顔自体が醜いと感じ、これに劣等感を強くしている場合もあります。
    つまり、この症状の場合は笑う時だけに限らず、人と話している時に常に感じるという形になります。
    そして、この場合は、人見知りするような相手と話している時に、より症状が起こりやすいものなのです。

    14)自己臭恐怖
    自分の体臭や口臭などのために周りの人から嫌がられていると感じるのが、この症状になります。
    特に若い女性の場合などは、脇汗や、これに伴う臭い(わきが)に悩んでいることが多いものです。 つまり、この症状は自分の臭いに対する「とらわれ」が出来た状態だと言って良いと思います。
    こういう意味で対人恐怖症や社交不安障害の症状の面よりも強迫神経症の症状の面が強くなるように思います。
    ただ、この症状の場合も、人見知りするような相手に対しては、より起こりやすくなる傾向があると思います。

    15)吃音症
    人と話している時に言葉が詰まったり、どもってしまうと悩むのが、この症状になります。
    ただ、この症状の場合は、器質的な吃音の場合とは異なり、どもってしまう程度は非常に少ないものなのです。
    つまり、他人から見れば、ほとんど分からないレベルにも関わらず、本人がどもっていると感じ悩んでいるというのが、吃音症の場合の特徴になります。
    そして、この場合も人見知りするような相手に対して、症状が起こりやすくなる傾向があるものなのです。

  • 5.人見知りに影響すると思われる神経症の症状

    下記のような強迫神経症の症状に悩んでいる人は人見知りの症状も起こることが多いと思います。

    1)不完全恐怖
    自分の取った行動に落ち度があるように感じ、不安になってしまうというのが、この症状の特徴になります。
    100%完全ということは、現実にはあり得ないことなのですが、この症状に悩んでいる人は無意識のうちに100%完全を求めているものなのです。
    そして、このために、自分の取った行動に自信が持てなくなってしまうものなのです。
    このため、鍵の掛け忘れやガスの元栓の締め忘れが気になり、何度も家に戻ってしまうということにもなりやすいものなのです。

    2)加害恐怖
    自分でも気付かないうちに人に危害を与えてしまうのではないかと悩むのが、この症状になります。
    自動車で通勤している人が、通勤途中に自分では気付かないうちに小さな子供に接触し怪我をさせたのではないかと感じ悩んでしまうことも多いものです。
    また、刃物などを持つと人を刺してしまうのではないかと不安になり、ハサミとかカッターを持てなくなってしまう人もいます。
    なお、この症状の場合は危害恐怖と言われることもあります。

    3)嫌疑恐怖(けんぎきょうふ)
    会社とか学校で物がなくなった時などに、自分が物を盗んだと疑われるのではないかといった感じで、自分に嫌疑が掛かるのが不安になってしまう症状です。
    この症状に悩む人は「絶対に人の物を盗むなどの悪いことをしてはならない」といった「かくあるべし」の考えに「とらわれ」ていることが多いものです。
    つまり、正義感や宗教的な道徳心が強く、神経質性格の特徴を持った人に起こりやすい症状だと言って良いと思います。
    つまり、こういう人の場合に「かくあるべし」の考えにとらわれやすいものなのです。

    4)抑うつ神経症
    やる気が起きない、毎日が憂鬱になってしまう、良く眠れないといった症状に悩み、心療内科などの病院に行き、うつ病と診断されている人の中には、この症状の人が多いと思います。
    特に神経質性格の特徴を持っている人の場合であれば、ほぼ間違いなく、抑うつ神経症だと考えて良いと思います。
    しかし、今は抑うつ神経症の場合でも器質的なうつ病と同じように抗うつ薬などの薬物療法で対応されてしまうことが多いと思います。

  • 6.原因

    人見知りには過去に他人から受けた心の傷、つまり、トラウマが原因になっている場合と、神経症の「とらわれ」が原因になっている場合の二通りがあると言って良いと思います。

    6-1.トラウマ
    過去に他人から受けた心の傷には大きく分けて、いじめと言葉の被害の2つのパターンに分けられると思います。

    6-1-1.いじめ
    子供の頃に学校などでいじめにあったりすると、これがトラウマになり人見知りになることが多いものです。
    これは、いじめによる辛い経験により他人に対して反射的に恐怖心を感じるようになってしまうためではないかと言われています。
    今は社会的に、いじめの問題がクローズアップされていますが、周りは遊びや「からかい」のつもりで接しているにも関わらず、本人が馬鹿にされていると受け止めてしまう場合も多いのではないかと思います。
    ただ、いずれにしても本人がいじめられたと感じることで、これがトラウマになってしまうのだと思います。

    6-1-2.言葉の被害
    親とか親戚、友達などから言われた何気ない一言が心に突き刺さり、これがトラウマになり人見知りの状態になってしまうことも多いと思います。
    特に感受性が強い子供の頃に年上の友達や大人から言われた言葉は大きな影響を与えるものだと思います。
    ある人は子供の頃に親戚の叔母さんから「この子は口がないのかね」と言われた言葉が心に突き刺さってしまい、人前で思うように話をすることが出来なくなり、人見知りしやすくなってしまいました。
    このように子供の頃に言われた心ない言葉が何十年もの間、下手をしたら一生、心の傷になり尾を引いてしまうことがあるものなのです。
    また、ある人は小学校の時の通信簿に担任の先生から「あなたは少人数でもリーダーにはなれない」と書かれた事で、この言葉がトラウマになり会社に入ってからも人の上に立てず、人見知りも激しくなってしまいました。
    こういう言葉の被害というのは、いじめのように社会的にクローズアップされることはありませんが、実際は、かなり多いのではないかと思います。

    6-2.神経症
    この場合は「とらわれ」が原因であるとする説とセロトニンなどの脳内の神経伝達物質が原因であるという2つの説があります。

    6-2-1.「とらわれ」
    神経質性格という内的要因を持っている人が人前で恥ずかしい経験をしたりすると、これが「きっかけ」になり、また恥ずかしい思いをしたり緊張したらどうしようと不安になりやすいものなのです。
    そして、この不安だけに目を向け、これを無くそうとして人と接することを避けてしまうことで、人に対する恥ずかしさや緊張の「とらわれ」を強くしてしまうものなのです。
    そして、この結果として、人見知りの症状が出てくると言って良いと思います。
    なお、これが森田療法で考えている人見知りの原因ということになります。

    6-2-2.セロトニン不足
    これはセロトニンの量が少ない人ほど人見知りになりやすいという最近の医学論文に基づいた説になります。
    今は器質的なうつ病を初めとして対人恐怖症や社交不安障害の場合でも脳内の神経伝達物質が影響しているという説が広まっていますが、これは私の今までの経験からは、原因と結果を取り違えているように思えて仕方がありません。
    つまり、単に不安や緊張といった精神状態になった結果として脳内のセロトニンなどの量が減るということなのではないかと思います。
    ですから、脳内のセロトニンの量が減れば不安や緊張を感じやすくなるということではないように思います。
    しかし、今の医学界では、この説が有力視されているように感じます。
    そして、この結果、セロトニンの量をコントロールする薬による治療が行なわれることが増えているのが現実だと思います。

  • 7.トラウマが原因の場合の克服方法

    小さい頃の心の傷を引きずっているような場合、つまりトラウマが原因の場合は、カウンセリングや精神分析などの心理療法で克服できる可能性も高いと思います。

    また、今はSSRIなどの抗うつ薬を初めとした薬物療法と併行した形でカウンセリングや心理療法が行なわれることが多いように感じます。

    しかし、トラウマが原因の場合は、非常に根が深いと言えますので、克服までには、かなりの時間が必要になってくるのではないかと思います。

  • 8.神経症が原因の場合の克服方法

    極度の人見知りの症状に悩んでいる時は友達関係や恋愛関係がうまくいかず、かつての私もそうでしたが、人前であがらない方法とか交際術や心理学関係の本を読んだりインターネットのサイトを見たりすることが多いと思います。

    また、中には催眠療法とか、霊能者による祈祷、宗教などに救いを求めてしまう人も多いように思います。

    しかし、こういう人見知りの症状だけに目を向け、これを無くそうとする行動を取ってしまうと、これは森田療法で言っている気分本位の「はからいの行動」ということになってしまうのです。

    ですから、この方向では極度の人見知りの症状は回復するどころか逆に強くなってしまうものなのです。

    ですから、人見知りの症状を感じながらも、森田療法の考え方に沿って目的本位の行動を積み重ねるようにしていくことが大切になってくるのです。

    こうしていく中で自覚が深まり、人前での緊張などを「あるがまま」に受けとめることが出来るようになると、この結果として、薬などを飲まなくても、人見知りの症状を克服することが出来るものなのです。

    最近は神経症から来る人見知りの原因をセロトニン不足だと考え、SSRIなどの薬物療法で対応することが心療内科などの病院では多くなりましたが、この方向では「とらわれ」の解消には繋がらず、何年も薬を飲み続けることになってしまうと思います。

  • 9.まとめ

    人見知りについて、大まかな解説を書かせて頂きましたが、神経症が原因の場合であればMTカウンセリングを通して森田理論を学習していく中で症状を克服していくことが可能だと思います。

    別のページにある無料診断フォームから、あなたの今の悩みを書いて送って頂ければ、MTカウンセリングに適用できるかどうかを判断させて頂きますので、ご利用いただければと思っております。

  • なお、もし、この、人見知りのページの内容が参考になりましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加