加害恐怖
(原因と克服)


(症状の原因と克服のための具体的な説明)

加害恐怖は自分の不注意などによって人に危害を与えてしまうのではないかとか、人を傷つけてしまったのではないかと不安になる症状を言います。

危害恐怖とか、罪悪恐怖と呼ばれることもありますが、この症状も強迫神経症の一つの症状だと言って良いと思います。

具体的には、刃物などを見ると自分が人を傷つけてしまうのではないかと不安になるといった形で現れてくる症状になります。

車の運転をして通勤している人の中には自分では気付かなかったけれど人を引いてしまったのではないかと不安になり、通ってきた道を引き返し確認しに行ったりすることもあります。

また、人の赤ん坊を見て、傷つけたり、突き落としてしまうのではないかと不安になる女性も多いものです。

加害恐怖の症状の背景には、人を傷つけたり危害を与えたりすることは絶対にあってはならないという「かくあるべし」の考えがあると言って良いと思います。

このため、クリスチャンとか仏教徒、教育者といった宗教や教育に熱心な人の方が道徳的な「かくあるべし」の考えにとらわれやすく、加害恐怖の症状に悩むことが多いように思います。

つまり、こういう人達や、この家族は宗教や道徳の教えから、人を傷つけたり、危害を与えることは絶対にあってはならないという思いを強く持ちやすいのだと思います。

特に神経質性格を持っている人の場合は、人一倍、生真面目であり、こういう宗教や道徳の教えを真に受け、「かくあるべし」の考えにとらわれやすいものなのです。

そして、人を傷つけたりして危害を与えることは絶対にあってはならないという「かくあるべし」の考えがあると、この裏返しで、人を傷つけたり危害を与えてしまったらどうしようという不安が強くなるものなのです。

そして、この不安だけに目を向け、これを無くそうとしてしまうと、逆にますます不安を強くしてしまい、この結果として加害恐怖の症状が現れてくるのだと思います。

つまり、ここに加害恐怖の原因があると言って良いと思います。



(加害恐怖克服の一口ヒント)

今、上にも書きましたが、人を傷つけたりして危害を与えることは絶対にあってはならないという思い、つまり「かくあるべし」の考えがあると、この裏返しで、人を傷つけたり危害を与えてしまったらどうしようという不安が強くなるものなのです。

そして、この不安だけに目を向け、これを無くそうとすることで、逆にますます不安を強くしてしまい、この結果として加害恐怖の症状が起こってくるのです。

ですから、加害恐怖の症状を克服していくためには人を傷つけたり危害を与えてしまったらどうしようという不安を感じながらも、この不安に引きずられて行動しないようにしてくことが大切になってくるのです。

つまり、加害恐怖の症状を感じながらも目の前の「なすべきこと」を一つ一つ、きちんとこなすようにしていくことが大切になってくるのです。

また、日頃から、他の面でも目的本位や「あるがまま」など、森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、この積み重ねの中で少しずつ目的本位の「クセ」がついてくるものなのです。

そして、こうなれば、加害恐怖の症状を感じる時でも、人を傷つけたり危害を与えてしまったらどうしようという不安を必要以上に大きくしなくて済むようになってくるものなのです。

ですから、ここに加害恐怖克服のヒントがあると言って良いと思います。



関連する他の症状
予期恐怖 OCD 先端恐怖症 強迫神経症
不完全恐怖 神経症性障害 ノイローゼ 高所恐怖症


トップ MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
適応症状 サービス内容、他 無料診断 サイトマップ