• 神経症専門MTカウンセリングの、よくあるご質問の回答のうちの、
    1.MTカウンセリングの内容について、
    2.森田療法について、
    3.申し込み方法について、の部分です。

  • Q1-1.今までに、どれ位の人が利用し、どれ位の人が治りましたか?

    A.約20年前より行っておりますが、今までに延べ2522人の方(H.29.06現在)が利用されています。

    正確な統計を取っている訳ではありませんが、だいたい7割位の人は改善されていると思います。

    ただ、この中には、純粋な神経質性格を持っていない方や、今の症状をどうしても治したいという強い意欲に欠ける方も含まれております。
    ですから、純粋な神経質性格を持っており、今の症状をどうしても治したいという強い意欲を持っている方に限れば、ほぼ全員の方が、程度の差はあれ、改善されていると言って良いと思います。


    Q1-2.メールによるカウンセリングだけで本当に治るのでしょうか?

    A.私自身、当初は、果たしてメールのやり取りだけで森田療法の効果が出てくるのだろうかと不安を感じておりました。

    しかし、約20年の経験を通して、今ではメールのやり取りだけでも、十分、森田療法の効果が得られるということが分かっております。


    Q1-3.神経症は完治出来るものなのでしょうか?

    A.森田療法の考え方を、きちんと身に付けていけば、十分、完治出来ると言えます。

    症状で辛い思いをしながらも、何とか日常生活を送ることが出来ている人であれば、病院で森田療法を受けなくても、森田療法の学習で神経症を治せるということは、40年以上前から知られており、いわば40年以上の実績があると言って良いと思います。


    Q1-4.神経質の性格自体も改善できるのでしょうか?

    A.神経症で悩んでいる時は、神経質性格のマイナス面が前面に出ている状態だと言えます。

    このために、自分の性格に強い劣等感を持っていることが多いのですが、MTカウンセリングを通して森田療法の考え方を身に付けていく中で、神経症の症状が改善し、これと併行して神経質性格のプラス面が前面に出てくるようになるのです。

    そして、こうなってくると、他の人から見ると、性格が変わったように見えるものなのです。
    ですから、神経症が治ってくると共に性格自体も改善されてくると言って良いと思います。


    Q1-5.薬を飲んでいますが、カウンセリングを受けられますか?

    A.薬を飲んでいても、カウンセリングをしていくことは十分、可能です。

    ただ、カウンセリングをしていく中で、少しずつ薬を飲まない方向に持っていった方が良いと思います。

    薬は症状の一時押さえにはなりますが、長い目で見ると、神経症の症状を長引かせる原因にもなっていると思います。


    Q1-6.他のHPを見ると、パニック障害など、良くなったり悪くなったりで10年以上も治らない人が多いようですが、こういうものなのでしょうか?

    A.パニック障害も典型的な神経症の症状の一つなのですが、今は、薬物療法が主体になっているために、薬で治そうとしている人が多いものです。

    しかし、これは症状の一時押さえにしかならず、このために、ご質問にあるような10年以上も治らない人が増えていると考えて良いと思います。


    Q1-7.私は非常に頑固で、他の考えを、なかなか聞き入れる事が出来ないのですが、これでもカウンセリングは可能でしょうか?

    A.頑固で、他の考えを聞き入れることが出来ないというのも、神経質性格の特徴の一つだと言えます。

    ですから、むしろ、あなたのような場合にこそ、このMTカウンセリングの効果が期待できるということになります。


    Q1-8.今まで病院や催眠療法など、いろいろなことをしてきても治らなかったのですが、これでも治りますか?

    A.森田療法は、よく「最後の砦」と言われますが、あなたのように、いろいろなことをやってきて、どうしようもなくなって、最後に森田療法にたどり着いたという人が多いものです。

    こういう人は、後はもう、これしかないということで、いわば「背水の陣」で森田療法の学習に取り組めるために、かえって治ることが多いものなのです。


    Q1-9.5年以上、心療内科に通院して、薬を飲み続けていますが、3ヶ月で本当に治るのですか?

    A.神経症がなかなか治らないのは、誤った方向の努力を繰り返しているためだと言えるのです。

    薬を飲むということも、これは神経症の症状に、かえって注意を向ける結果になることが多く、誤った方向の努力の一つになることなのです。
    ですから、この方向では何年たっても治らなくて当然だと言えるのです。

    森田療法はいわば、この努力方向の軌道修正をしていくものですから、3ヶ月の期間でも、十分、症状が改善してくるものなのです。

    ただ、このためには、あなた自身の真剣な努力ということが必要になってくるのです。

    神経症は他の病気とか怪我とは違って、薬を飲んだり、何らかの治療をしてもらえば、これだけで自然に治るというようなものではありません。
    あなた自身が、森田の考え方に従って、誤った方向の努力の軌道修正をしていくことが必要になってくるのです。

    ただ、こうしていけば、3ヶ月の期間でも、十分、改善してくると言えるのです。


    Q1-10.他のメールによるカウンセリングよりも料金が高いのではないでしょうか?

    A.確かに、中には料金の安い所もありますが、こういう所は、それなりのコメントしか得られないと思います。

    私の所では、送っていただいた日記に対して、1回あたり、平均して1時間から1時間半の時間をかけてコメントさせていただいております。

    コメントに使う時間から計算しますと、利益がほとんど出ない状態ですが、私自身、神経症に悩んだ経験者の一人ですので、少しでも多くの悩んでいる方のお手伝いをさせて頂ければということで、現在の料金を設定しております。


    Q1-11.失礼ですが、初めて聞くお名前であり、信頼できないのですが。

    A.確かに、このように感じられて当然だと思います。

    知名度という点では、現在のところ、全くと言って良いほど、ありませんが、私は、単にビジネスということではなく、自分のライフワークとして、MTカウンセリングを一生、続けていくつもりでおります。

    ですから、この姿勢を見て判断していただければと思っております。

    なお、万が一、何らかの問題があった場合は、十分、誠意を持って対応させて頂くことを、お約束致します。


    Q1-12.だまされるのではないかと、不安なのですが。

    A.インターネットサイトの中には、よくニュースなどでも取り上げられますが、悪質な所も多いので、あなたが、不安を持たれるのも当然のことだと思います。

    ただ、私は、自分自身の悩んだ経験を、少しでも多くの方に役立てていただければという気持ちで行っておりますので、けっして信頼を裏切るようなことはないと思います。


    Q1-13.MTカウンセリングは、普通のカウンセリングと何が違うのですか?

    A.「MTカウンセリングとは」のところでも説明させていただきましたが、MTカウンセリングは、森田療法をベースにしたカウンセリングなのです。

    普通のカウンセリングは、悩んでいる人の、気付きを促進させるという意味合いの強いものであり、 神経症に限らず、「ひきこもり」や、登校拒否、「うつ病」や「統合失調症」などの純粋な「心の病気」の場合でも、効果が期待出来るという、オールマイティさがあります。

    しかし、この反面、年単位という非常に長い期間が必要になったり、直接面接して行わないと、思うような効果が出にくいものなのです。

    これに対して、MTカウンセリングの場合は、森田理論(森田療法の考え方)の学習という側面が強くなるために、普通のカウンセリングのような、オールマイティさはありませんが、神経症に関しては、非常に効果が期待できるものなのです。

    また、直接面接ではなく、メールカウンセリングという形でも可能なのです。


    Q1-14.実際にカウンセリングをされた方の生の声を知りたいのですが?

    A.これは、プライバシーに関わることですので、そのままの形では公開は出来ませんが、下記のページに抜粋し、まとめてありますので、参考にしてみて下さい。

     (カウンセリングをされた方の生の声)


    Q2-1.森田療法というのは、どういうものですか?

    A.森田療法というのは、精神療法の一つです。
    神経症の治療方法として、精神分析や認知行動療法と並ぶ、最も代表的なものだと言えます。
    日本で生まれた、現在では世界的に有名な精神療法の一つになります。
    ですから、民間療法や、個人療法とは、全く異なるものになります。

    中国などでは、日本の病院よりも多くの病院で森田療法が取り入れられています。
    また、アメリカなどでも、多くの森田療法の本が翻訳され出版されています。

    森田療法は、本来、精神科の病院などで行われるものですが、症状の辛さを感じながらも何とか日常生活が送れている人であれば、森田療法の考え方を学習することで、十分、症状を治していけることが約40年前から分かっております。

    現在では、森田療法を初め、精神療法を行っている病院の数が少ないため、森田療法の考え方を学習していくという形の方が一般的になっていると思います。

    インターネットで調べていただければ、お分かりになると思いますが、本やホームページなども沢山ありますので、参考にしていただければ、より理解していただけると思います。

    ちなみに、下記のサイトで森田療法関係の本が、いろいろ紹介されています。
    森田療法関連図書のホームページ


    Q2-2.森田療法で良くなっても、何かのきっかけで、またぶり返すことはないでしょうか?

    A.森田療法は、神経症の根本的な治療方法になりますので、完治すれば、たとえ困難な状況に出会っても、ぶり返すようなことはないと言って良いと思います。


    Q2-3.森田療法は薬を用いるのですか?

    A.基本的には薬を用いません。
    ただ、症状がどうしても辛く、日常生活が送れないようなレベルの場合は、補助的に薬を用いることはあります。


    Q2-4.他のサイトを見ると、いろいろな療法をやり、森田療法も試してみたけれど、良くならなかったという人も多いようですが?

    A.森田療法で効果が出るかどうかは、
    神経質性格を持っているかどうか、
    ②今の症状をどうしても治したいという強い意欲を持っているかどうか、
    この2点で決まってきます。

    ですから、森田療法を試したけれど良くならなかったという人は、この2点のいずれかの条件が欠けていたためだと考えて良いと思います。


    Q2-5.実践というのは自律訓練法とか、そういうものですか?

    A.森田療法で言っている実践というのは、練習とか訓練とは全く異なるものです。

    よく森田の実践は「真剣勝負」だと言われますが、毎日の生活の中での、抜き差しならない現実と向き合っていく中で実践していくものなのです。

    自立訓練法などの練習とか訓練を行うものは、かえって神経症の症状に注意を集中させる結果になってしまい、逆効果になることが多いのです。


    Q2-6.自律神経失調症も森田療法で治るものなのでしょうか?

    A.自律神経失調症の場合、多くの人が、内科など一般の病院に行って治してもらおうとすることが多いのですが、原因がハッキリせず、また、診断されても、これを信じることが出来ないということで、病院巡り(ドクターショッピング)をしてしまうことが多いものです。

    また、身体に現れる症状のために、身体のどこかに異常があると考えやすいのですが、もし、病院の検査で異常がなければ、これも神経症から来ていると考えられますので、森田療法で治していける可能性は充分あります。

    特に慢性的な症状であり、他の神経症の症状も見られるようでしたら、森田療法の効果が出てくる可能性は、さらにあると言って良いと思います。


    Q2-7.森田療法に批判的なサイトもありますが?

    A.森田療法は効果がないとアピールしているサイトもありますが、このように言う人は、森田療法を行っても効果が見られなかったということで、森田療法自体に問題があると考えているのだと思います。

    しかし、実際は、このような人が、純粋な神経質性格を持っていないために、森田療法の効果が出なかった可能性が大きいと思います。

    つまり、純粋な神経質性格を持っている人であれば、Q2-4の回答でも書かせていただきましたが、森田療法の効果は、充分、出てくるものなのです。

    ですから、あなたが、神経質性格の特徴をもっていれば、充分、森田療法の効果は出てくると思いますので、安心して下さい。


    Q3-1.振込みの確認の後にメールか何かいただけるのでしょうか?

    A.振込確認のメールと共に、カウンセリングの進め方についての説明メールをお送りいたします。


    Q3-2.申し込んでからカウンセリングが始まるまでの流れを、もう少し詳しく教えて頂けますか?

    A.初めに、無料診断のフォームに記入していただき、これを送っていただきます。

    送っていただいたフォームの内容から、私の方で、あなたの症状がMTカウンセリングに適用可能かどうかを判断させていただき、無料診断結果のメールをお送りいたします。

    この時に、振込先の口座をお知らせいたしますので、ここに費用を振り込んで頂きます。
    (この際、振込日と振込時のお名前(ニックネームでも構いません)をメールで連絡していただけると助かります。)

    私の方で、振込の確認をさせていただいた後、振込確認、およびカウンセリングの進め方についての説明メールをお送りいたします。

    振込確認の翌日か翌々日から、カウンセリングを開始させていただくことになります。
    (分割の場合は1回目の振込確認後に開始ということになります。)


    Q3-3.領収書はもらえるのでしょうか?

    A.基本的には、私の方からお送りいたします振込確認メールで領収書に代えさせていただいております。

    ただ、どうしても必要とされる場合は、連絡を頂ければ、領収書を郵送させていただきます。
    (この際、お名前と住所を教えていただくことになります。)


    Q3-4.本名でなくてもカウンセリングを受けられますか?

    A.ニックネームなど、本名でなくても構いません。

    また、振り込みされる時の、お名前も、ニックネームで構いませんが、あらかじめ、メールで連絡をしておいていただけると、確認の際に助かります。


    Q3-5.電話で問い合わせをしたり、申し込むことは出来ますか?

    A.MTカウンセリングは、電子メールのやり取りだけに限定させていただいておりますので、電話でのお問い合せや、お申し込みは受け付けておりません。

    (ただ、緊急の場合などは、電話(留守番電話になっています)に用件を入れておいて頂ければ、こちらから、折り返しお電話いたします。)