ロゴ

発汗恐怖症
(異常な脇汗などの原因)


(症状の原因と対策のための具体的な説明)

発汗恐怖症は発汗恐怖や多汗症とも呼ばれますが、人前で緊張した時に必要以上に汗が出てしまうことで悩んでいる状態を言います。

汗が出る場所は、脇の下や手のひら、背中、足、額、頭など、人によって色々と異なります。

ただ、この中でも脇の下の汗、いわゆる脇汗が気になってしまうことが発汗恐怖症の場合は多いように思います。

特に若い女性の場合、Tシャツなどの薄い上着を着ている時に脇汗のために、汗ジミが出来、これが他人から変に思われると感じてしまうことが多いものです。

汗をかくかどうかは、本来、体質的に個人差があるものなのですが、発汗恐怖症で悩んでいる人は、自分が異常に汗をかくように感じているものなのです。

そして、「わきが」などと同じように、脇汗が汗腺など体の異常から来るものだと考え、高額な費用を払って手術で治そうとする人も多いものです。

しかし、神経症から来ている発汗恐怖症の場合は、手術などでは思うような効果が得られないので注意が必要だと思います。

つまり、本来、汗腺の異常がないにも関わらず、不必要な手術をしてしまうことも多いのではないかと思います。

ですから、一度、自分の脇汗などの異常な発汗の原因が発汗恐怖症から来るものではないかとチェックしてみることも大切だと思います。

なお、この発汗恐怖症も人から変に思われるのではないかという不安がベースになっていますので、対人恐怖症の症状の一つに入ります。


1.どういう症状ですか?

今、上にも書きましたが、発汗恐怖症の症状は脇汗や手のひらの汗、背中や足、額や頭などの異常な汗ということになります。

そして、発汗恐怖症の場合は、これに付随して汗ジミや汗の臭いが気になるということも多いものです。

なお、発汗恐怖症の症状が起こるのは、苦手な相手とか、自分にとって影響が大きいと思える相手と接している時が多いものなのです。

これは、こういう状況の時は相手から変に思われたらどうしようという不安が強くなるからなのです。

つまり、発汗恐怖症に悩んでいる時は、不安や緊張から汗が出てしまうという、一種の「クセ」がついているために対人不安に引きずられ、脇汗などが必要以上に出てきてしまうものなのです。


2.何が原因なのでしょうか?

例えば、脇汗から汗ジミが出来た時に、これが人から変に思われる恥ずかしいものだと考えてしまうと、どうしても、注意の方向が汗ジミや脇汗の方に向くようになってしまうものなのです。

そして、注意が集中すると症状が起こりやすくなるというのが神経症の場合の特長ですから、脇に注意が向くことで、ますます脇汗をかきやすくなってしまうものなのです。

このようにして症状と注意の集中の悪循環が出来上がり、この結果、汗に対する「とらわれ」が出来てしまうのが発汗恐怖症に悩んでいる時の状態なのです。

そして、いったん発汗恐怖症の「とらわれ」が出来てしまうと、注意の方向が常に汗のことに向いてしまうために、ますます脇汗が出やすくなってしまうものなのです。

ですから、発汗恐怖症は汗腺などの体の異常が原因ではなく、汗に対する「とらわれ」が原因だと言えるのです。


3.薬などの治療に頼らない対策は?

今、上にも書きましたが、発汗恐怖症は汗腺などの体の異常が原因はなく、汗に対する「とらわれ」が原因で起こってくる症状なのです。

ですから、汗腺など体の異常が原因になっている場合とは異なり、手術や薬では根本的な治療にはならないものなのです。

しかし、森田療法の学習をしていく中で、汗に対する「とらわれ」が薄れ、人前での緊張や脇汗などの症状を「あるがまま」に受け入れることが出来るようになると、この結果として発汗恐怖症の症状が改善してくるものなのです。


仕切線

関連する他の症状
対人不安 視線恐怖症 手掌多汗症 劣等感
おなら恐怖症 書痙 対人恐怖 人見知り
適応症状(補足分)へ
仕切線