ロゴ

手掌多汗症(手汗)


(症状の原因と克服のための具体的な説明)

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)は人前で緊張した時に手のひら(掌)に異常に汗をかいてしまうことで悩んでいる状態を言います。

多汗症の中でも、特に多く見られるのが、この手掌多汗症だと言って良いと思います。

中には、手汗のためにギターの弦が錆びてしまう人もいるくらいなのです。

また、彼女とのデートの時に手掌多汗症の症状が気になって手をつなげないと悩んでいる人もいます。

また、車の運転をしている時とか、食事の時に手汗の症状が出ることも多いものです。

なお、この手掌多汗症は手汗症と言われることも稀にあります。

汗をかくかどうかは、本来、体質的に個人差があるものなのですが、手掌多汗症で悩んでいる人は、自分が異常に掌に汗をかいていると、これが気になってしまうものなのです。
そして、注意を手の方に向けると、ますます掌に汗をかきやすくなってくるものなのです。

このように手掌多汗症は精神的な原因で起こってくる場合がほとんどなのですが、多汗症と同様に、手汗がたくさん出る原因を汗腺の異常だと考え、汗腺をふさぐ手術をして治そうとすることも多いものです。

しかし、手掌多汗症でも、神経質性格の特徴を持っている場合は神経症が原因になっていると考えて間違いないと思います。

そして、多汗症と同様に、この神経症が原因になっている手掌多汗症の場合は、手術や薬による治療よりも、森田療法によって治療していった方が効果が期待できるものなのです。

しかし、残念なことに、今は自分の掌の汗の症状が神経症から来ているものだと気付かずに、手術や薬に頼ってしまう人が増えているように思います。

なお、手掌多汗症も人から変に思われるのではないかという不安が根本原因になっていますので、対人恐怖症やあがり症、社会不安障害の症状の一つに入ると言って良いと思います。


仕切線

(手掌多汗症克服の一口ヒント)

手汗の症状に悩んでいる時は、掌に汗をかいて当然の時でも、これを異常なものとか、恥ずかしいことと考え、排除しようとしていることが多いものです。

そして、このために、ますます手汗をかきやすくなってしまうという「悪循環」に陥っているものなのです。

ですから、時には手汗をかいてしまうこともあって当然なんだと受け止めるようにしていくのが、第一歩になると思います。

そして、この上で、目的本位や「あるがまま」など、森田の考えに従って行動するようにしていくと、手汗を必要以上にかかなくて済み、少しずつ手掌多汗症の症状が和らいでくるものなのです。

仕切線
適応症状(補足分)へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ


仕切線