震え恐怖症
(緊張により手足や体が震える)


(症状克服のための具体的な説明)

震え恐怖症は書痙と同様に手が震えるという形で現れることの多い症状です。

ただ、震え恐怖症の場合は人前で文字を書く時に緊張し手が震えるだけではなく、他の状況の時に手や足、体が震えてしまうという場合も含みます。

女性の場合で言えば、お客様にお茶やコーヒーを出す時に緊張し手が震えるとか、かしこまった席で食事をする時に箸やナイフを持つ時に緊張で手が震えるという症状になります。

男性の場合も、同じように宴会で若い女性とか上司からお酒を注いでもらう時に緊張し、コップを持つ手が震えるというような形で現れることが多いものです。

また、男女を問わず、大勢の人前で話をするような時に緊張し、手や足、体が震えるということも多いものなのです。

中には人と話をしたりする時に頭や首が震えてしまうことで悩んでいる人もいます。

また、今はパソコンを使う機会が多くなっていますが、人が見ている前でキーボードを打つ時に緊張してしまい、手が震えるという人も増えているように思います。

また、人と一対一で話している時に顔がピクピク震えてしまうとか、足が震えてしまう、頭が震えてしまうということで悩んでいる人も中にはおります。

ただ、震え恐怖症も対人恐怖症の症状の一つですから、森田療法の学習をしていく中で、充分、改善してくるものなのです。



克服可能な代表的症状
対人恐怖症 あがり症 不安神経症 パニック障害 自律神経失調症
うつ病状態 多汗症 強迫神経症 赤面症 過呼吸症候群
適応症状一覧へ
MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
サービス内容、他 無料診断 サイトマップ