SAD(症状と治療)


(SADの具体的な説明)

SADは社会不安障害のことですが、これは、人前で緊張してしまうとか、顔が赤くなってしまう、人の視線が気になってしまうという形で現れてくるものです。不安障害の中でも特に、日本人に多く見られるものです。

SADは、社会不安障害や、対人恐怖症、あがり症と呼ばれているものと、実質的には同じことになりますが、このホームページでは、分けて説明させていただいております。 (キーワードで検索される方のために、あえて分けさせていただきました。このために、内容が重複している部分は御了承下さい。)

SADのいずれの症状も、人から変に思われるのではないかという不安が根底にあると言えます。

人見知りをするとか、人に気を使うということは、誰にでも多かれ少なかれあるものですが、これが過度に強くなり、とらわれるようになったのが、SADだと言っても良いのではないでしょうか。

日本のような集団行動を重視する社会においては、人間関係が崩れることは、社会的に死を意味するため、この社会的な死の恐怖から、SADの症状が起こりやすいのではないかと思います。

また、SADの症状に悩んでいる人は、かつての私もそうでしたが、何とかして悩みを改善しようと考え、性格改善や心理学関係の本を読んだり、民間療法を試みたり、宗教に救いを求めたりすることも多いように思います。

しかし、こういう行動を取れば取るほどSADの症状は回復するどころか、逆に、かえって強くなってしまうものなのです。

また、SADを薬で治療しようとしても、これは症状の一時押さえにしかならず根本的な改善には結びつかないと思います。

適応症状(補足分)へ



MT心理カウンセリングルーム
http://www.mtsinri.com/
E-mail : mtc001@nifty.com