赤面症
(原因と治し方)


(症状の原因と治し方、克服のための具体的な説明)

1.赤面症とは(症状について)

人前で顔が赤くなることで悩む赤面症は赤面恐怖症とも言われますが、対人恐怖の中でも多汗症や視線恐怖と共に特に多く見られる症状の一つになります。

赤面症は人前で顔が赤くなってしまうとか、赤みをおびる、という形で現れる症状ですが、人によっては、頬が赤くなることが悩みだったり、耳たぶが赤くなることが悩みだったりと、赤くなる場所は人によって、それぞれだと言えます。

このように赤面が起こる場所が違ってくるのは体質的なものもあると思いますが、精神的な要因も大きいのではないかと思います。

つまり、その人にとって一番、見られると恥ずかしいと感じている場所に赤面の症状が起こりやすいのだと思います。

ただ、いずれの場合も、人前で顔が赤くなることで、人から変に思われるのではないかとか、自分が相手に好意を持っていると勘違いされるのではないかとか、人から見下されるのではないかとか、考えていることが多いものなのです。

また、赤面症は他の対人恐怖の症状と同様に苦手な相手とか自分にとって影響が大きいと思える相手に対して起こることが多いものです。

若い人であれば自分と同年代の異性の前で赤面の症状が起こり、会社員であれば苦手な上司とか、学生であれば担当の先生とか、自分にとって影響が大きいと感じる相手に赤面症の症状が起こる場合が多いものなのです。

また、赤面症に悩んでいる時は、顔の赤くなっている部分を隠すためにメイクをしたり、髪を伸ばしたり、帽子をかぶったり、サングラスをしたりすることも多いものです。

しかし、これらは森田療法で言っている気分本位の「はからい」の行動になりますから、一時的には楽になれたとしても、長い目で見ると、ますます赤面症の症状を強くすることになってしまうのです。

なお、顔の赤みが気になる赤ら顔は慢性的に症状が気になるものですが、赤面症の場合は、動揺したり緊張したりした時に発作的に症状が起こり気になるものなのです。


2.症状の原因

赤面症も対人恐怖症の症状の1つですから、人から変に思われたらどうしようという不安が根本的な原因だと言って良いと思います。

つまり、人前で顔が赤みをおびたり赤くなることで人から変に思われてしまうという思いがあると、かえって赤面の症状が起こりやすくなるものなのです。

森田療法では、これを精神交互作用と言っていますが、赤面の方に注意を向ける事で、ますます顔が赤くなりやすいものなのです。

学校の授業中に突然指名されて、みんなの前で発表しなければならない時に顔が赤くなり、恥ずかしい思いをしたといった経験があると、これが「キッカケ」になって赤面症の症状が起こるようになることも多いものなのです。

つまり、こういう恥ずかしい経験が「キッカケ」になり、注意の方向が赤面の方に向くようになりやすいものなのです。

ですから、これが外的な原因だと言っても良いと思います。

そして、今度は顔が赤くなることを避けようとして、人前を避けてしまったり、さっきも書きましたが、メイクをしたり、髪を伸ばしたり、帽子をかぶったり、サングラスをしたりといった工夫をしてしまうことで、逆にますます赤面症の症状を強くしてしまうものなのです。

森田療法では、これを気分本位の「はからい」の行動と言っていますが、こういう誤った方向の努力を繰り返すことで、ますます症状を強くしてしまうものなのです。

ですから、これが内的な原因だと言って良いと思います。

そして、この内的な原因が赤面症の症状に一番、影響していると言って良いと思います。


3.治し方と克服のためのヒント

今、上にも書きましたが、赤面症は対人恐怖症の症状の一種であり、鬱病などの心の病気とは全く異なるものなのです。

また、赤ら顔などとも異なり体質的な原因もほとんどないと言って良いと思います。

どちらかと言えば、色白の人の場合に赤面した状態が目立ちやすい傾向はありますが、これと赤面症の悩みは別問題だと考えて良いと思います。

つまり、同じ程度に顔が赤くなったり、赤みをおびても、赤面症に悩んでいない場合は、それほど気にならないものなのです。

ですから客観的な赤さや赤みとは、あまり関係ないと言って良いと思います。

つまり、顔の赤さや赤みに対する「とらわれ」が出来ているかどうかが問題なのです。

ですから、抗うつ剤や抗不安薬、漢方薬といった薬を飲んで一時的に不安や緊張を抑えることで赤面症の症状を和らげたとしても、これだけでは根本的な治し方にはならないと思います。

また、多汗症と同様にメイクをしたり赤みを抑えるような塗り薬を使っても、これも根本的な克服には結びつかないものなのです。

また、病院によっては皮膚の毛細血管の異常だと診断し手術で治そうとする所もありますが、これも赤面症の場合には根本的な治し方にはならないと思います。

つまり、顔が赤くなることで人から変に思われるという「とらわれ」が薄れてくることで、初めて赤面症の症状を克服していけるものなのです。

そして、このためには森田療法の考え方を身に付けていくのが一番の近道になると思います。

つまり、森田療法の考え方に沿って目的本位の行動を取るようにしていくことが、赤面症の最も効果的な治し方になると言って良いと思います。




もしこのページの内容が参考になりましたら、下のボタンから共有をお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


克服可能な代表的症状
対人恐怖症 あがり症 不安神経症 パニック障害 自律神経失調症
うつ病状態 多汗症 強迫神経症 赤ら顔 過呼吸症候群


トップ MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
適応症状 サービス内容、他 無料診断 サイトマップ