雑念恐怖症
(仕事や勉強に集中できない悩み)


(雑念恐怖症克服のための具体的な説明)

別のことが頭に浮かび仕事や勉強に集中できないと悩むのが雑念恐怖症になります。

雑念恐怖症は雑念恐怖とも呼ばれますが、例えば仕事をしている時に別のことが頭に浮かんでしまい仕事に集中できないとか、勉強をしている時に隣の家の音が気になってしまい集中して勉強できない、という形で現れる症状です。

不眠症で悩んでいる人の中には、寝室にある時計の音が気になってしまい眠れないという人もいますが、これも一種の雑念恐怖症に入ることだと言って良いと思います。

なお、雑念恐怖症は対人恐怖症というよりも強迫神経症に入る症状だと言えます。

ですから、森田療法の学習をしていく中で、別のことが頭に浮かび仕事や勉強に集中できないという状態を「あるがまま」に受け入れることが出来るようになれば、この結果として、雑念恐怖症の症状は改善してくるものなのです。


適応症状一覧へ