(原因と克服法の解説)

  • 1.留守番恐怖とは

    一人でいるのが怖い悩みである留守番恐怖は不安神経症の症状の一つになります。

    ご主人が会社に行き帰りが遅い時など、一人で家で待っている時に不安になり一人でいるのが怖いという形で現れてきます。

    また、小さな子供がいる人では、子供に何かあった時に自分一人で対処できるだろうかと不安を感じ、一人でいるのが怖いという場合もあります。

    この一人でいるのが怖い悩みである留守番恐怖は、一人だけという状況の下で何か大変なことが起こった時に助けを求められないという不安が根底にあるのだと思います。

  • 2.原因

    一人でいるのが怖いという留守番恐怖の場合も神経質性格という内的な原因と、何らかのショックな経験をしたことが「きっかけ」になって起こることが多いものです。

  • 3.克服法

    基本的には一人でいるのが怖いと感じながらも必要があれば留守番するということが必要になってきます。

    また、日頃から目的本位を意識して行動していると、この積み重ねの中で、一人でいなければならない状況が訪れても予期不安を必要以上に感じなくて済み、一人でいる怖さが和らいでくるものなのです。

    ですから、これが一人でいるのが怖い悩みである留守番恐怖の克服法になると言って良いと思います。