(原因と対策)

  • 1.多汗症とは

    汗っかきの悩みである多汗症は発汗恐怖とも呼ばれますが、人前で緊張した時に汗を異常にかいてしまい変に思われるのではないかと感じ悩んでいる状態を言います。

    汗が出る場所は手のひらだったり、脇の下だったり、背中だったりと、いろいろですが、この汗っかきの悩みである多汗症の人が最近は増えているように感じます。

    特に女性の場合は汗をかいた後にブラウスの脇の下に汗のしみが出来ることで悩んでいる人が多いように思います。

    そして、このために中には脇の汗を吸わせるパットを使ったりする人もいます。

    また男性の場合はズボンのお尻の部分に汗をかいてしまい気になる人もいます。

    汗をかくかどうかは体質的に個人差があるのですが、汗っかきで悩んでいる人は自分が人よりも大量に汗をかいていると感じ気になっているのです。

    また、汗っかきの悩みと同時に汗の臭いが人に伝わり迷惑をかけていると感じてしまう人も多いものです。

    特に脇の汗の臭いが気になる人が多いのですが、これがワキガと言われているもので、これは森田療法では体臭恐怖に該当します。

    汗の量や臭いというのは体質的に個人差の大きいのですが、汗っかきで悩んでいる人は実際には汗の量や臭いは平均より少ないことが多いのです。

    また、身だしなみに気を使う人の方が汗に敏感で、汗っかきに悩みやすい傾向があるように思います。

    なお、この汗っかきの悩みである多汗症も人から変に思われるのではないかという不安がベースになっていますので、対人恐怖症に含まれると言えます。

  • 2.原因

    汗っかきの悩みである多汗症は汗腺など体の異常から起こる場合もありますが、大部分は神経症の「とらわれ」が原因だと考えて良いと思います。

    つまり、たくさん汗をかくことで人から変に思われると感じ、汗が出ることを良くないことだと考え、排除しようとすることで、逆に汗に対する「とらわれ」が出来てしまうのです。

    つまり、汗っかきの悩みである多汗症の大部分は汗腺など体の異常ではなく、精神的な原因で起こると考えて良いと思います。

  • 3.薬を使わない対策

    今、上にも書きましたが、汗っかきの悩みである多汗症の大部分は体の異常が原因ではなく、「とらわれ」、つまり心の置き所が原因だと言えるのです。

    ですから、薬や手術といった対策をして、一時的には良くなったように思えても、また少し経つと汗っかきの状態がぶり返し、なかなか良くならないことが多いものなのです

    しかし、森田療法の学習をしていく中で汗に対する受け止め方が変化し、原因である「とらわれ」が薄れてくると、この結果として汗っかきの悩みが改善してくるものなのです。

    つまり、赤面症や書痙などと同様に、汗っかきの状態を「あるがまま」に受け入れることが出来るようになると、この結果として汗っかきの悩みが治ってくるのです。

    ですから、これが汗っかきの悩みである多汗症の薬を使わない対策ということになります。