(対人不安の原因と克服方法の解説)

  • 1.はじめに

    人間関係の悩みの中でもっとも多いのが、このページで取り上げる対人不安だと言っても良いのではないかと思います。

    人から変に思われたらどうしようと不安になってしまうのは、誰にでも多かれ少なかれあることだと思います。

    しかし、世の中には、この不安を常に感じながら生きている人も多いものなのです。

    そして、これは、あがり症や対人恐怖症と言われている悩みに共通して見られるものだと言って良いと思います。

    このページでは、この対人不安に対して、私自身の経験を通して感じたことも含めて、なるべく分かりやすい言葉で解説させて頂きます。

    今、人と会う前に不安になることで悩み、辛い思いをしている人の、少しでも、お役に立てればと思っております。

  • 2.対人不安とは

    この悩みは、人前で顔が赤くなってしまうとか、人前で汗が異常に出てしまう、人の視線が気になるといったことに悩んでいる時に共通して見られるものです。

    人に会うのが辛い、人前でまた緊張したり、顔が赤くなってしまったらどうしようと、苦手な状況を前にして感じることが多いものです。

    ですから、飲み会とか人が大勢集まる機会を前にして感じることが多いと言えます。

    つまり、こういう状況の時に、また、この前のように緊張してしまったり、みんなから自分だけが浮いてしまうのではないかと不安になってしまう状態だと言って良いと思います。

    また、美容院や床屋さんなどに行く前に感じることも多いものです。

  • 3.対人不安かどうかのチェック

    具体的な表れ方を箇条書きにしてまとめてみました。

    これらの項目の中に、もし当てはまるものがあれば、あなたの悩みは対人不安の可能性が高くなると思います。

    1)人と会う前に不安になってしまう。
    2)人の思惑が異常に気になる。
    3)人前で失敗したらどうしようと不安になる。
    4)恥をかいたらどうしようと心配で約束をキャンセルする。
    5)他人からバカにされたらどうしようと不安で人を避けてしまう。
    6)人と接する時に常に相手から変に思われたらどうしようと感じてしまう。
    7)職場の人が自分の悪口を言っていないか気になる。
    8)先生から話しかけられるのが怖い。
    9)デートの時に、うまく喋れないのではないかと不安になる。
    10)浮いてしまうのではないかと不安で宴会や飲み会を欠席する。

  • 4.対人不安の時に同時に起こりやすい悩み

    人から変に思われたらどうしようと不安になってしまう状態の時は、下記のような悩みも感じていることが多いと思いますので、紹介させて頂きます。

    1)劣等感
    小さいころに周りの人から、おとなしいとか、元気がないと言われたりすることがあると、特に神経質性格を持った人の場合は大人になってからも、こういった言葉が心の傷になり、劣等感を抱くようになることが多いと思います。
    私自身も、この一人ですが、こういう劣等感から人付き合いや人との会話を避けてしまい、ますます、おとなしく無口になりやすいものだと思います。
    今は学校の先生から心無い言葉を浴びせられ登校拒否やひきこもりになる子供が増えているようですが、これは子供の一生に大きく影響することだと思います。
    特に繊細な反面、「生の欲望」の強い神経質性格の特徴を持った人の場合には、大人になってから劣等感を抱くことになりやすいのではないかと思います。
    そして、これが人間関係の悩みにも影響してくるのだと思います。

    2)あがり症
    これは大勢の人前で発表するような時に緊張し声が震えてしまうとか、汗が異常に出てしまうといったことで悩んでしまう状態になります。
    ただ、あがり症の場合は、友達同士とか少人数の場合は、それほど緊張したり不安になったりしないものなのです。
    しかし、大勢の人前など、慣れない状況で話をしなければならないような時に強い緊張や不安を感じてしまうところに特徴があると言って良いと思います。

    3)対人緊張
    不安の場合は、また、あの時のようになったらどうしようと、これから起こることに対して感じますが、緊張は実際にその場に置かれた時に感じるものだと言って良いと思います。
    森田療法では予期不安と言っていますが、苦手な状況や恐怖を感じるような状況を前にして感じるのが対人不安の場合の特徴になります。
    これに対して、苦手な状況に置かれた時に感じるのが、この対人緊張だと言って良いと思います。
    そして、起こった緊張だけに目を向け、これを無くそうとしてしまうことで、逆に、余計に震えや発汗などを起こしやすくしているものなのです。

  • 5.対人不安に影響すること

    人から変に思われたらどうしようと不安になってしまうのは、人から良く思われたいという欲求が人一倍、強いからなのです。

    そして、こういう欲求の強さというのは神経質性格の特徴の1つになるのです。

    ですから、神経質性格の特徴を持っていることが対人不安に影響することの1つになると言って良いと思います。

    ただ、神経質性格の特徴を持っている人全てが対人不安に悩むようになるということはないのです。

    つまり、対人不安に悩むようになるのは、何らかの恥ずかしい、惨めな経験をした場合なのです。

    例えば、人前で話している時に、言葉が詰まり、どもってしまったことで、周りの人から笑われたりした経験があると、これがキッカケになり、また、どもって、笑われたらどうしようと対人不安を感じるようになってしまうものなのです。

    そして、この対人不安に引きずられ、人を避けてしまうと、一時的には楽が出来ても、長い目で見ると、逆に、ますます人が怖くなってしまうものなのです。

    ですから、上に書いたような経験が、もう1つの影響することになるのだと思います。

  • 6.私の体験から対人不安について言えること

    私自身、中学生の頃から会社に勤め始めた25歳の頃まで対人不安に悩んでいた一人です。

    よく会社の仕事の疲れのほとんどは気疲れなど、人間関係に関わる疲れだと言われますが、これは私自身の経験からも充分、言えることだと思います。

    上司からどう思われているだろうか、仕事の出来ないやつだと思われているのではないか、人間性に問題があるのではないかと思われているのではないか、など、常に周りの顔色を伺いながら過ごしていたように思います。

    しかし、今、感じることは、当時の私が自分本位に自己中心的に考え、行動していたということです。

    これは森田療法の学習により人間関係の悩みを克服することが出来たからこそ言えることだと思いますが、いかに自分が自己中心的になっていたかということが、今は分かります。

    つまり、対人不安も自分本位に自己中心的に考え、行動しているために、より感じやすいのだと思います。

    自分が周りの人からどう見られているか、変に思われているのではないかと対人不安を感じるのは、自分を中心にして考えているからだと言って良いと思います。

    もし、他人本位に考えることが出来れば、つまり、自分はどう思われても周りの人が喜んでくれれば良いと考えることが出来ていれば、対人不安を感じるようなことはないのだと思います。

    そして、このように他人本位に考えることが出来るようになるためには、自己中心の殻を打ち破ることが必要になるのだと思います。

    そして、このためには、森田療法の考え方に沿って目的本位や「人のために尽くす」行動を積み重ねていくことが大切になるのだと思います。

  • 7.原因

    人間関係において感じて当然の不安や緊張、恐怖感を異常なものだと考え、排除してしまうところから、対人不安の悩みが起こってくると言って良いと思います。

    ですから、脳内の異常物質とか、体の異常から来るものではなく、心の置き所、つまり、「とらわれ」から来るものだと言えるのです。

    対人不安に悩むような人は神経質性格を持っているために、人から良く思われたいという欲求が非常に強いものなのです。

    そして、このために、人から変に思われたらどうしようという不安も強くなってくるのです。

    そして、この不安だけに目を向け、これを無くそうとして誤った方向の努力をしてしまうことで、逆に、余計に対人不安の悩みを強いものにしてしまうのだと思います。

    ですから、原因は神経質性格の特徴を持っている人が対人不安だけに目を向け、これを無くそうとして誤った方向の努力をするところにあると言って良いと思います。

  • 8.「とらわれ」が原因ではない場合の対応

    同じ対人不安でも、脳や神経などの身体の異常から起こる、うつ病などの心の病気が原因になっている場合は、いくら森田療法の学習をしても良い方向には向いてこないものなのです。

    森田療法は良く「かみそりの刃」に例えられますが、神経症に対しては非常に効果があるのですが、神経症以外の病気に対しては全く効果がないものなのです。

    ですから、神経症の「とらわれ」が原因でない場合は、薬などにより、元になっている心の病気を治すようにしていくことが必要になってくると思います。

  • 9.「とらわれ」が原因の場合の克服方法

    さきほども書かせて頂きましたが、対人不安は脳や神経の異常物質など身体の異常から起こるものではなく、精神的な要因である、「とらわれ」、つまり、心の置き所から起こってくるものだと言えるのです。

    ですから、うつ病などの心の病気の場合とは異なり、薬を飲んだりしても根本的な改善は期待できないと言って良いと思います。

    しかし、他の神経症の場合と同様に、森田療法の学習をしていく中で、対人不安に対する受け止め方が変化し、精神的な要因である「とらわれ」が無くなってくると、この結果として改善してくるものなのです。

    つまり、森田療法の学習をしていく中で対人関係での緊張や不安を、「あるがまま」に受け入れることが出来るようになると、この結果として克服することが出来るものなのです。

  • 10.まとめ

    今まで対人不安について、いろいろ書かせて頂きましたが、腑に落ちるところはあったでようか。

    もし、少しでも腑に落ちるところがあった方は、こちらのページから、今のあなたの悩みのことを書いて送って下さい。

    こうして頂ければ、あなたの今の悩みがMTカウンセリングにより克服できるかどうかを無料で判断させて頂きます。