高所恐怖症
(原因と克服)


(症状の原因と克服のための具体的な説明)

高所恐怖症は高い所が苦手で、上るのが不安になってしまうという症状です。

高い所というと具体的には、飛行機、観覧車、展望台、長い階段、吊り橋、リフト、ジェットコースター、脚立、高層ビル、ゴンドラ、首都高のような高架式の道路などになります。

ただ、最近は昔から比べると高所恐怖症に悩む人は少なくなっているように感じます。

これはマンションや高層ビルなど、高い所へ上る機会が増えているということも影響しているのではないかと思います。

ただ、上にも書きましたが高所恐怖症のために、遊園地などでジェットコースターに乗れず、友達と遊びに行くのが辛いと悩んでいる人も多いものです。

また、首都高速のような高架式の道路を車で走る時に動悸や不安を感じてしまうという乗物恐怖症と重なったタイプの高所恐怖症の人もいます。

また、吊り橋があるために登山に行きたくても行けないという人もいるようです。

このように高所恐怖症の現れ方には色々なタイプがありますが、その原因は高い所から落ちて死んでしまったらどうしようという「死の恐怖」があるためだと言って良いと思います。

ですから、高所恐怖症は強迫神経症の症状であると共に不安神経症(パニック障害)の要素も含まれている症状だと言って良いと思います。



(高所恐怖症克服の一口ヒント)

高い所に上った時に「これは、大変だ」とか「このまま死んでしまったら、どうしよう」と考えてしまうと、さらに不安を大きくし動悸や息苦しさを強くしてしまうものなのです。

しかし、未だかつて、不安や動悸や息苦しさのために、命を失ったり、体に障害を残すようなことになった人は一人もおりませんので、まず、この事実をきちんと自覚していくことが大切だと思います。

また、高所恐怖症に伴う不安や動悸、息苦しさといった症状は、どんなに長くても10分以内で収まってくるものなのです。

ですから、このことも踏まえて、動悸や息苦しさといった症状を感じながらも目の前の「なすべきこと」をこなしていくと良いと思います。

また、日頃から、目的本位や「あるがまま」など、森田療法の考えに従って行動するようにしていくと、目的本位の「クセ」がついてくるものなのです。

そして、こうなれば、不安を感じるような高所に置かれる状況が訪れても、不安を必要以上に大きくしなくて済み、高所恐怖症の症状を感じることがなくなって来るものなのです。

ですから、ここに高所恐怖症克服のヒントがあると言って良いと思います。



関連する他の症状
不安神経症 パニック障害 乗物恐怖症 強迫神経症
電車恐怖症 飛行機恐怖 心臓神経症 過呼吸


トップ MTカウンセリングとは 運営者名、連絡先 よくあるご質問
適応症状 サービス内容、他 無料診断 サイトマップ