(視線恐怖症の原因と克服方法の解説)

  • 1.はじめに

    人目が気になり、ぎこちなくなってしまうといったことは、誰でも、時には経験することだと思います。

    しかし、中には、このことが常に気になり、悩みになっている人も多いものなのです。

    このページでは、こういう人目や視線に関わる悩みについて、私自身の経験も踏まえ、書かせて頂きました。

    ですから、今、人目や視線のことで悩んでいる方に読んで頂ければと思っております。

  • 2.視線恐怖症とは

    視線恐怖症は、自分が人から見られているように感じ緊張してしまう、人の視線が気になり、ぎこちなくなってしまう、周りの人目が気になるために目の前のことに集中できなくなってしまうというような形で現れてくる悩みです。

    単に視線恐怖と言われることもあります。

    なお、手の震えや顔が赤くなる悩みも、ある意味、視線恐怖症の要素を含んでいるように思います。

    また、他の人間関係に伴う悩みも、この視線恐怖症の要素を含んでいることが多いと思います。

    こういう意味で、人間関係に伴う悩みの中でも、視線のことで悩んでいる人が一番、多いのではないかと思います。

    今、上にも書きましたが、視線恐怖症は大勢の人の中にいる時に周りの人目が気になるとか、視線が気になり金縛りにあったように身動きが取れず、ぎこちなくなってしまうという形で現れてくる症状になります。

    このため、他者視線恐怖症と呼ばれることもあります。

    そして、常に人の目が気になっている状態のために、目の前の仕事や勉強に思うように集中できず、仕事や勉強の能率が上がらないということになっている場合が多いものです。

    つまり、他人から見られているのではないかと、常に周りの人目が気になっていますから、目の前の行動が上の空状態になっていることが多いものなのです。

  • 3.視線恐怖症かどうかのチェック

    具体的な例をいくつか挙げさせて頂きましたが、これらの項目をチェックして、ご自分の今の状態が当てはまるかどうかを確認してみて頂ければと思います。

    そして、このチェックリストの項目が3つ以上当てはまるかどうかで、今のあなたが視線恐怖症の状態に陥っているかどうかの大まかな判断が出来ると思います。

    1)職場にいる時に周りの人目が気になる。
    2)学校の教室で周りの視線が気になる。
    3)他人の目が気になるため、動作がぎこちなくなる。
    4)人の目が気になり仕事に集中できない。
    5)電車に乗っている間も視線が気になって仕方ない。
    6)信号を待ってる間、車に乗っている人から見られている気がして辛い。
    7)道を歩いている時に、すれ違う人の視線が気になってしまう。
    8)人から見られるのが怖く、外出しにくい。
    9)人の視線を意識し、体に力が入り窮屈になる。

  • 4.視線恐怖症に陥っている時に同時に起こりやすい悩み

    視線や人目のことで悩んでいる時は下記のようなことでも悩んでいることも多いと思いますので、参考までに書かせて頂きます。

    1)目のやり場に困る
    人から自分が見られていることが気になってしまうのが視線恐怖症ということになりますが、これとは反対に自分の視線が人から変に思われているのではないかと気になってしまうことも多いものです。
    これは正視恐怖と言われているものになりますが、案外、これに悩んでいる人もいるものなのです。
    異性や、あまり親しくない関係の相手とレストランなどで面と向かって座るような時に目をどこに向けたら良いかと、落ち着かなくなってしまうのも、よく見られることだと思います。

    2)見てはいけないと思う所に目が向いてしまう
    これは脇見恐怖症と言われることが多いですが、授業中に黒板やホワイトボードに目を向けなければならない時に他の異性の生徒の方に目が向いてしまい、集中できないといった形で現れる悩みです。
    また、男性であれば、女性の胸元やお尻といった部分、女性であれば、男性の股間といった部分に目が行ってしまうことで、周りの人から変に思われると悩むことも多いです。
    このように常識的に考えて見てはいけない所に、逆に目が向いてしまうということで悩んでいる状態になります。

    3)自分の容姿が気になる
    視線恐怖症に悩んでいる時は自分の容姿に対して劣等感を強くしていることが多いものです。
    そして、このために、客観的に見れば平均以上の容姿をしていたとしても、自分が醜く感じてしまうことが多いのだと思います。
    このため美容院や床屋で鏡に写る自分の姿を見るのが辛いということで、何年も髪を切らないでいるという人もいます。
    また、自分のような醜い容姿を人前にさらしたくないということで、思うように外出できなくなってしまう人もいます。
    登校拒否や「ひきこもり」と言われている人たちの中には、これが原因になっている場合もあると思います。

  • 5.視線恐怖症に影響すること

    人の視線が気になり、ぎこちなくなってしまうというのは、元々が、自分が人からどう見られているか、変に見られているのではないかと、自己中心的傾向を強くしている場合に起こりやすいと思います。

    これは、あがり症など人間関係に伴う悩みの場合に共通して言えることなのですが、この自己中心的傾向の強さが視線恐怖症の場合にも大きく影響していると思います。

  • 6.私の体験から視線恐怖症について言えること

    私の今までの経験から人目が気になることで悩む人は、あがり症などの人間関係の悩みの中でも、もっとも多いように思います。

    人前での手の震えや赤面、緊張して思うように話せなくなってしまうといった悩みと同じ位の比率で起こっていると思います。

    現代はスマホやインターネットなど科学技術が大きく進歩していますが、人間の心の悩みに関しては、昔とほとんど同じではないかと思います。

    森田療法は大正から昭和にかけて生まれたものですが、このころと現代を比べてみても、人間の心の悩みや問題といったものは、ほとんど変化していないのではないかと思います。

    こういう意味で、昔の古い技術は現代には通用しませんが、心の問題に対する対処法は今でも充分、通用するのだと思います。

  • 7.原因

    視線恐怖症の場合は、他者の目に対する「とらわれ」が原因だと考えて良いと思います。

    つまり、人から見られているのではないかと感じた時に、自分のみすぼらしさや見栄えの悪さなどの劣等感や自信のなさのために、相手から自分が変に思われているとか、嫌われていると感じてしまうものなのです。

    ですから、視線恐怖症に悩んでいる人は自分がスタイルが良く、格好良いために見られているとは、けっして感じないものなのです。

    また、今、上に書かせていただいたような劣等感や自信のなさが刺激されてしまうために、他者の視線を感じたくないという思いが出てくるものなのです。

    そして、このために視線が気になる状態をなくそう考え、女性であれば髪を長く伸ばしたり、男性であれば深い帽子をかぶったりといった行動を取ってしまうものなのです。

    しかし、こういう視線恐怖症の症状だけに目を向け、これを無くそうとして取る行動は、森田療法で言っている気分本位の「はからい」の行動ということになってしまいますので、この結果は、ますます他人の視線に対する「とらわれ」を強くしてしまうものなのです。

    そして、いったん視線に対する「とらわれ」が出来てしまうと、常に人目が気になる状態になってしまうものなのです。

    つまり、視線恐怖症の場合、うつ病や統合失調症といった心の病気が原因ではなく、「とらわれ」という精神的な要因で起こる症状だと言って良いと思います。

    なお、森田療法というのは大正から昭和にかけて慈恵医大教授であった森田正馬先生が自らの経験を通して確立したものです。

  • 8.原因が視線恐怖症ではない場合の対応

    人目が気になるという悩みは、うつ病や統合失調症といった心の病気の場合にも起こってきます。

    そして、この場合には元になっている心の病気に対する治療が必要になると思います。

  • 9.視線恐怖症が原因の場合の克服方法

    今まで色々書かせていただきましたが、視線恐怖症は、うつ病などの心の病気が原因ではなく、精神的な要因である「とらわれ」、つまり、心の置き所から起こってくるものだと言えるのです。

    ですから、うつ病や統合失調症といった心の病気の場合とは対応の仕方が異なるのです。

    つまり、薬を飲んだり、一般的なカウンセリングをしたりしても、一時的には良くなったように思えても、また少し経つと、視線恐怖症の症状はぶり返し、なかなか良くならないものなのです。

    しかし、森田療法の学習をしていく中で人目が気になることに対する受け止め方が変化し、精神的な原因である「とらわれ」がなくなってくると、この結果として視線恐怖症は改善してくるものなのです。

    つまり、人前で汗が異常に出てしまう悩みや、人前で手が震えてしまう悩みなどと同じように、人前での緊張や人目が気になることを「あるがまま」に受け入れることが出来るようになると、この結果として視線恐怖症が治ってくるものなのです。

  • 10.まとめ

    今まで視線恐怖症について、色々書かせて頂きましたが、今の、あなたの悩みと共通する部分はありましたか。

    少しでも思い当たるところがあった方は、こちらのページから、今のあなたの悩みのことなどを書いて送ってみて下さい。

    送って頂いた内容を拝見し、あなたの悩みがMTカウンセリングを通して森田療法の学習をすることで克服できるかどうかを判断させて頂きます。